体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この作品はディズニーから日本へのラブレター」 『ベイマックス』フィルムメイカー来日記者会見レポート

IMG_0016

12月20(土)より日本公開となる、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』。本作は、天才科学者の少年ヒロと、事故で亡くした兄タダシが残したケア・ロボット“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。

サンフランシスコと東京を融合させた架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台にし、その世界観が日本とつながりの深い映画であることから、東京国際映画祭のオープニング作品として上映が決定。ディズニー・アニメーション史上初、アメリカ以外の国で行うワールドプレミア(世界最速上映)となります。

IMG_9671

これに合わせ、ドン・ホールクリス・ウィリアムズ両監督、プロデューサーを務めたロイ・コンリ、さらにウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるアンドリュー・ミルスタインが来日し、10月22日に記者会見を実施。会見の後半には、日本語吹替版声優として、主人公ヒロたちを母親代わりに育てる“キャス”役を演じた菅野美穂さんと、ヒロの兄で科学者としても道しるべとなる“タダシ”の声を務めた小泉孝太郎さんも登壇。日本ならではの着物姿を披露し、監督らを笑顔で迎えました。

ちなみに、ドン・ホールは、2011年公開版の『くまのプーさん』を監督。クリス・ウィリアムズは、テレビの世界を現実と信じているスター犬の冒険を描いた『ボルト』の監督で、実は『アナと雪の女王』で山小屋の主人オーケンの声も務めていた方です。そして、ロイ・コンリは、『塔の上のラプンツェル』の製作を担当した名プロデューサー。ディズニーの『ベイマックス』にかける本気度が伝わってくる豪華で強力なタッグですよね。

『ベイマックス』はディズニーから日本へのラブレター

――まずは、それぞれご挨拶をお願いします。

IMG_9687

クリス:みなさんこんにちは。『ベイマックス』で監督を務めたクリス・ウィリアムズです。我々は3年半ほど前に視察旅行で来日し、そこから製作を進めてようやく完成した作品をみなさんにご覧いただけるのをワクワクしています。

IMG_9700

ドン:クリスと共同で監督を務めたドン・ホールです。視察旅行の際には、13日間ほどでさまざまな場所を散策し、日本で夢のような体験をさせてもらいました。その時に日本の文化から本当に多くの影響を受けて、『ベイマックス』を通じてその文化への愛を表現することができました。

IMG_9712

ロイ:プロデューサーのロイ・コンリです。世界で最も美しい街のひとつであるここ東京が、今回の舞台“サンフランソウキョウ”のインスピレーションの源です。これからその作品を日本の方たちと分かち合えるのを楽しみにしています。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。