ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラピが『フューリー』ワールドプレミアに登場! 海外メディア・共演者が一様に“隊長”ブラピを絶賛

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


俳優、プロデューサーとして映画界のトップに立ち続けるブラッド・ピットが、主演と製作総指揮を熱望した最新作『フューリー』。すでに公開されている米国では、批評家たちからも「この30年で最高の戦争映画」(『DEADLINE HOLLYWOOD』)、「冒頭のシーンから観客を捕らえて放さない」(『Rolling Stone』)、「この映画で戦争映画の歴史を塗り替えた」(『DAILY MAIL』)など絶賛の声が相次いでいます。

そんな中、第58回ロンドン国際映画祭のクロージングで行われた『フューリー』のワールドプレミアには、ブラッド・ピットを始め、共演者のシャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・ヴォン・リットバーグ、さらにデヴィッド・エアー監督らが出席しました。

<ストーリー>
1945年4月、戦車“フューリー”を指揮するウォーダディー(ブラッド・ピット)のチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー”の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていくのだった……。


レッドカーペットに登場したブラッド・ピットは、「歴史の研究や、肉体的なトレーニングをこなし、リーダーシップや戦車について学んだ。本当に戦争に行ったような感覚だ」と完成までの苦労を語り、「僕たちは、実際に戦車を動かすことができるようになったからね。砲撃はできないが、戦車を稼働させることはできるよ」と、本作の見どころでもある世界で唯一走行可能なティーガー戦車を使ったアクションについてアピール。


さらに、自身が満足した作品を携えて、結婚後初となる1年3か月ぶりの来日を予定している彼は、「日本に行けることを楽しみにしている。早く皆さんに『フューリー』を観てもらいたいよ」と日本のファンに笑顔でメッセージを送りました。


若き新兵を演じ、ブラッド・ピットとは公私ともに師弟関係となったローガン・ラーマンは、「最高の役者たちと素晴らしい協力ができた。彼らを尊敬しているし、彼らも僕に敬意を払ってくれた。互いに多くのことを学びあったよ」と共演した一流の俳優たちに敬意を表しました。


さらに、「ブラッドの献身ぶりは素晴らしい。自分も間違いなく彼と同じレベルで最大限の努力をした。すばらしい人々と組むことで成長することができたよ」とブラッド・ピットへの信頼と、自らの演技についての自信をのぞかせていました。


ムードメーカーとなるクーンアスを演じたジョン・バーンサルは、「常に全力投球するブラッドは素晴らしい。大変なことも辛いことも何でも一緒だった。彼は人格者だし、優れた役者で、それに友人だ」とブラッド・ピットを絶賛。日本のファンに向けては、「手加減なしの力強いゾクゾクする体験だ。これは頑強で力のある映画で、修羅場を乗り切ろうとする家族の物語だ」と、フューリー号を巡る5人の“絆(きずな)”を家族と表現しました。


本作のメガホンを務めたデヴィッド・エアーは、「ブラッド・ピットは、とても強烈な個性の持ち主で、同時にとても仕事熱心な人。リーダーシップには、模範を示すことも含まれているが、ブラッドはいつでも模範を示してくれた」と、俳優陣同様にブラッド・ピットを称賛。さらに、英国で撮影した本作が故郷に凱旋(がいせん)できたことに喜びの表情を浮かべていました。

すでに”オスカー最有力”の声も上がっている話題作『フューリー』。日本では、11月28日(金)より公開となります。共演者や監督が称賛の声を惜しまない、ブラッド・ピットの演技に期待が高まります。

『フューリー』ワールドプレミア概要

■日時:10月19日(日)18時~(現地時間)
■場所:オデオン・レスタースクエア/ロンドン
■登場ゲスト:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・ヴォン・リットバーグ、デヴィッド・エアー(監督)、ビル・ブロック(製作)、ジョン・レッシャー(製作)

映画『フューリー』公式サイト:
http://fury-movie.jp/

(c)Norman Licensing, LLC 2014

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。