ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本物の美味しさと美しさを♪”フルーツブランデー”の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自家製サングリアや、ピクルスなど「漬け込みブーム」な今日此頃!
防災面でも、旨味面でも、一役買ってくれるテクニックですが、女性の中では美容面の効能に注目が集まっています。
最近は期待のルーキー”フルーツブランデー”が美味しく、綺麗になれる、とウワサです♪


中には、ブランデーに対して、大人の嗜好品というイメージを持つ方がいるでしょう。
苦手意識がある方も、フルーツを入れて一晩入れるだけで、ぐんとフルーティで爽やかなお酒になるので驚かれるかもしれません。
フランスでは”命の水”と呼ばれているブランデー。女子に嬉しい美容効果がたっぷり。
・樽ポリフェノール…抗酸化作用を強く持ちアンチエイジングに。脳梗塞予防にも。
・エラグ酸…美白効果、シミやソバカスの予防。
・芳醇な香り…ブランデーの香りは脂肪の代謝を促進させる作用がある。
作り方はとても簡単。
■材料
ブランデー
お好みのフルーツ
漬け込み瓶
フルーツは、オレンジ・りんご・パイン・マンゴー・レモン・いちごなどお好みの種類を使って下さい。中にはトマトを使う人も!
■作り方
果物と瓶を綺麗に洗います。瓶に果物を入れて、ブランデーで満たし1晩待てば出来上がり。

様々なアレンジが効くのも嬉しい魅力♪簡単カクテルから肉・魚のメインディッシュへの活用方法をご紹介します!
1.いつもの紅茶がランクアップ”紅茶のブランデー割り”
紅茶とフルーツブランデーを3:1の割合で混ぜ合わせます。
紅茶の他にも、炭酸(ソーダ、トニックウォーター、ジンジャーエール)、ジュースを使用しても美味しいです。
2.お柔らかさとコクが出る”フルーツブランデー煮”
■材料
お肉もしくは魚(お好みでお野菜も)
ブランデー(オレンジブランデーがお奨め) 60cc
蜂蜜(大さじ1)、水(200cc)、ブイヨン
■作り方
1)お肉(手羽元やブロック)もしくは魚に焼き目をつけ、一度火から外す。
2)同じフライパンで野菜を炒め、お肉と調味料類を全て鍋に入れる。
3)煮汁が無くなるまで煮込めば完成。
煮汁だけでなく、サラダのドレッシング・お肉の下準備にも使えます。
もちろんアイスクリームにかければ、贅沢スイーツに。
夜の晩酌を、ブランデーにするだけで本物の味覚と美しい身体が手に入るでしょう♪


「she who eats」
http://shewhoeats.blogspot.jp/2010/07/getting-to-know-apricotswith-help-of.html
「STREAMY KITCHEN」
http://steamykitchen.com/13861-pork-chops-recipe-apricot-brandy-sauce.html

カテゴリー : グルメ 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP