ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Macユーザー向け】スクリーンをビデオ撮影できるIris、操作説明などに便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PCのスクリーンショットを使う人は結構いるだろう。しかし、その動画版「スクリーン・ビデオ」は多くの人にとって馴染みが薄いのではないだろうか。

このほどリリースされたアプリ「Iris Screen Recorder」はMacの画面をビデオ撮影するためのもの。アプリなどの操作方法をビデオで撮って誰かに説明する、といった使い方が出来る。

◆一時停止、タイマー設定も

アプリをダウンロードすると、Irisのアイコンがメニューバーに現れる。そしてビデオを撮りたいときはアイコンをクリックして録画モードを選ぶ。

録画は一時停止したり、開始・終了のタイマー設定、タイムラプスにしたりできるようになっている。

◆メールやSNSでシェアも

端末にはいろいろとプライベート情報が入っているもの。もし、デスクトップのアイコンやスクリーンの絵を映したくなければそれらを隠したり、特定のウィンドウやアプリだけを撮影したりすることも可能だ。

またユーザーの音声も入れられるので、例えば誰かにアプリの使い方やMacの操作方法などを教える時に、説明しながら実際に操作方法を示すことができるというわけだ。

撮影したビデオはメールやメッセージ、AirDrop、Facebookなどでシェアできる。ニッチなアプリだが、遠く離れた人にもスクリーンを見せられるのはなかなか便利かもしれない。

アプリは無料。スクリーンの左下にIris の透かしマークが入る。マークを削除するのは有料(19.99ドル)となる。

Iris Screen Recorder

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP