ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYの新観光名物!?夜景を見渡せる“新ゴンドラ計画”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨークに、また新しい観光スポットが増える!?そんな驚きのニュースが飛び込んできた。

いまニューヨークでは、ブルックリンやクイーンズの急速な人口増加により、混雑した地下鉄システムが問題視されている。

そのなかでも特に人気エリアのウィリアムズバーグでは、エリアを走行している地下鉄の車両が定員オーバーで耐えられなくなってきているのだそう。

そこで改善案としてこのたび発表されたのが、ウィリアムズバーグとロウアー・イーストサイドをつなぐゴンドラ計画「East River Skyway(イースト・リバー・スカイウェイ)」だ。

同計画を発表したCityReality(シティ・リアリティ)社のダン・レビー氏によると、このゴンドラはブルックリン~マンハッタン間を3、4分で運行し、1時間で片道5000人以上を運べるとのこと。

新規開拓にかかるコストは地下鉄と比べると数倍安く、また安全面も電車やバスの3倍、環境にもやさしいとくれば、期待が高まるのも当然だろう。

マンハッタンとブルックリンを繋いだあとは、ブルックリンからロングアイランド、そしてクイーンズまでと、次のプランもすでに構想済み。

現在はまだ提案段階というこちらの「ゴンドラ計画」。この先の正確な開発スケジュールなどはまだ発表されていないが、実現化を望むニューヨーカーの声は多いよう。

ニューヨークの夜景を360度見渡せる新しい新観光名物がお目見えする日も、そう遠くないかもしれない。

EAST RIVER SKYWAY
http://eastriverskyway.com/

ニューヨーク(まとめ)

The post NYの新観光名物!?夜景を見渡せる“新ゴンドラ計画”とは? appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP