体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いよいよ今夜決勝『キングオブコント2014』今年は“一騎打ち”のバトル形式! 対戦芸人はこの10組だ!

いよいよ今夜決勝『キングオブコント2014』今年は“一騎打ち”のバトル形式! 対戦芸人はこの10組だ!

一夜にして人生をかえる夢のお笑いバトル、コント日本一決定戦『キングオブコント2014』。これまでの優勝者は“ロバート”“東京03”“キングオブコメディ”“バイキング”など、数々の芸人を一躍スターダムへと押し上げたこの番組。今年もまた一組のコント師No.1が決まるときがやってきた。今年の決勝戦はとうとう今夜、10月13日20時から放送。司会は今年もダウンタウン。優勝賞金1000万円と“キングオブコント”の称号をかけ、7回目を迎える今回は2810組のエントリーの頂点を決める。

また、例年8組だったファイナリストの枠を10組に拡大し、対戦形式を大幅に変更。ファイナリストが2ネタを披露し、合計得点の最も高かった芸人がキングになるという昨年までのルールから、今年はファーストステージで“一騎打ち”の対戦を行い、勝ち残った5組が最終決戦でキングの座を争う形式に。

今回は前評判が高く、今年こそ優勝かと言われていた“ジャルジャル”、“ロッチ”、“パンサー”や、大阪では地位を築きつつある“モンスターエンジン”、“天竺鼠”が準決勝で敗れ大波乱。彼らは準決勝でも大爆笑を取ったのだが、それをさらに超えてきた新星10組が勝ち残った。今まさに、次世代のお笑いブームが来ている!

激戦を戦い抜き選ばれたファイナリストは、“シソンヌ”“巨匠”“ラバーガール”“リンゴスター”“バンビーノ”“さらば青春の光”“ラブレターズ”“犬の心”“チョコレートプラネット”“アキナ”の10組。

犬の心4

気になるのは芸歴17年の“犬の心”。3年前から本気を出して腕を磨き、ついにスポットライトが当たる決勝戦のステージまで昇りつめた彼らが、どのような笑いを披露してくれるのか。また、6年ぶりの決勝戦進出となった“チョコレートプラネット”や、関西で番組MCを務めていたこともある“アキナ”の2人。

さらば5

そして一番の注目コンビは2012年に準優勝、2013年もファイナリストだった“さらば青春の光”だろう。決勝戦初出場時、「いたとん!」というキャッチーなワードで会場を爆笑の渦に包みこみ、司会の松本人志も気に入るフレーズに。その実力は認められているが、フリーになったことなどもあり現在ほとんど仕事がない彼ら。3度めのファイナリストとなったこのチャンスを逃すことはできない。

対戦カードとファイナリスト紹介

1

【ファーストステージ1試合目】先攻:シソンヌ 後攻:巨匠
■シソンヌ
(よしもとクリエイティブ・エージージェンシー所属)
東京よしもと若手ランキングでトップ3に入る実力あるコント師で、今「芸人が最もライブを観に来る芸人」との呼び声高いコンビ。独自のキャラづくりに定評があり、『あらびき団』などでも活躍。

パチンコ屋でバイトをしていたじろうがその時接した「何かに行き詰ったような人たち」が「すごくおもしろいと思った」経験を通して、さまざまなキャラクターの人たちを自分たちのコントの中に登場させる。目の前で繰り広げられる万華鏡のような人間模様を存分に楽しめる。 

■巨匠(プロダクション人力舎所属)
バイトもせずギャンブルにあけくるう岡野が、親類や友人から借りに借りふくらんだ借金の総額はなんと700万円。最近うれしかったことは2万しか借りられないと思った人から3万円借りられたこと。岡野は、今回キングになって優勝賞金を手に入れ、自身の借金の一括返済をもくろむ。そんな自称ダメ人間の岡野とまったく正反対のまじめな性格の本田が組み、繰り広げるコントの爆発力はダイナマイト級。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。