ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いよいよ今夜決勝『キングオブコント2014』今年は“一騎打ち”のバトル形式! 対戦芸人はこの10組だ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


一夜にして人生をかえる夢のお笑いバトル、コント日本一決定戦『キングオブコント2014』。これまでの優勝者は“ロバート”“東京03”“キングオブコメディ”“バイキング”など、数々の芸人を一躍スターダムへと押し上げたこの番組。今年もまた一組のコント師No.1が決まるときがやってきた。今年の決勝戦はとうとう今夜、10月13日20時から放送。司会は今年もダウンタウン。優勝賞金1000万円と“キングオブコント”の称号をかけ、7回目を迎える今回は2810組のエントリーの頂点を決める。

また、例年8組だったファイナリストの枠を10組に拡大し、対戦形式を大幅に変更。ファイナリストが2ネタを披露し、合計得点の最も高かった芸人がキングになるという昨年までのルールから、今年はファーストステージで“一騎打ち”の対戦を行い、勝ち残った5組が最終決戦でキングの座を争う形式に。

今回は前評判が高く、今年こそ優勝かと言われていた“ジャルジャル”、“ロッチ”、“パンサー”や、大阪では地位を築きつつある“モンスターエンジン”、“天竺鼠”が準決勝で敗れ大波乱。彼らは準決勝でも大爆笑を取ったのだが、それをさらに超えてきた新星10組が勝ち残った。今まさに、次世代のお笑いブームが来ている!

激戦を戦い抜き選ばれたファイナリストは、“シソンヌ”“巨匠”“ラバーガール”“リンゴスター”“バンビーノ”“さらば青春の光”“ラブレターズ”“犬の心”“チョコレートプラネット”“アキナ”の10組。


気になるのは芸歴17年の“犬の心”。3年前から本気を出して腕を磨き、ついにスポットライトが当たる決勝戦のステージまで昇りつめた彼らが、どのような笑いを披露してくれるのか。また、6年ぶりの決勝戦進出となった“チョコレートプラネット”や、関西で番組MCを務めていたこともある“アキナ”の2人。


そして一番の注目コンビは2012年に準優勝、2013年もファイナリストだった“さらば青春の光”だろう。決勝戦初出場時、「いたとん!」というキャッチーなワードで会場を爆笑の渦に包みこみ、司会の松本人志も気に入るフレーズに。その実力は認められているが、フリーになったことなどもあり現在ほとんど仕事がない彼ら。3度めのファイナリストとなったこのチャンスを逃すことはできない。

対戦カードとファイナリスト紹介


【ファーストステージ1試合目】先攻:シソンヌ 後攻:巨匠
■シソンヌ
(よしもとクリエイティブ・エージージェンシー所属)
東京よしもと若手ランキングでトップ3に入る実力あるコント師で、今「芸人が最もライブを観に来る芸人」との呼び声高いコンビ。独自のキャラづくりに定評があり、『あらびき団』などでも活躍。

パチンコ屋でバイトをしていたじろうがその時接した「何かに行き詰ったような人たち」が「すごくおもしろいと思った」経験を通して、さまざまなキャラクターの人たちを自分たちのコントの中に登場させる。目の前で繰り広げられる万華鏡のような人間模様を存分に楽しめる。 

■巨匠(プロダクション人力舎所属)
バイトもせずギャンブルにあけくるう岡野が、親類や友人から借りに借りふくらんだ借金の総額はなんと700万円。最近うれしかったことは2万しか借りられないと思った人から3万円借りられたこと。岡野は、今回キングになって優勝賞金を手に入れ、自身の借金の一括返済をもくろむ。そんな自称ダメ人間の岡野とまったく正反対のまじめな性格の本田が組み、繰り広げるコントの爆発力はダイナマイト級。

私生活のダメっぷりとは相反し、ダメ人間の自分たちのコントを観て視聴者のみなさんには幸せになってほしいという2人のコントへの思いはだれにも負けない! 借金王からコント王への華麗なる変身、なるか!?


【ファーストステージ2試合目】先攻:ラバーガール 後攻:リンゴスター
■ラバーガール
(プロダクション人力舎所属)
2010年大会のファイナリストラバーガール。スタイリッシュでクールなコントスタイルで当時鮮烈な全国区デビューを果たした2人。コントの名門人力舎で2009年大会のキング“東京03”、2010年大会のキング“キングオブコメディ”も認める実力の持ち主。しかしここ3年結果を出せず、その悔しさをばねに今年はプライドをかなぐりすて、お笑いに誰よりも熱くなりのめりこんだ。

もともと高校野球おたく、アイドルおたくの二人は優勝賞金1000万円を手に入れたら趣味の世界に存分に使いたいともくろむ。そんなおたく気質の二人が「今年1年はお笑いのオタクでした」といいきれる、充実の1年間を過ごし決勝の舞台に帰ってきた! そんな進化したラバーガールのコントを見届けて。

■リンゴスター(プロダクション人力舎所属)
ラバーガールと同じコントの名門、人力舎所属のリンゴスターの特徴はなんといってもその若さ。トリオの年齢は、高野が27歳、平田が25歳、小川にいたっては23歳。これは『キングオブコント』史上最年少のファイナリスト。バイトをしながら、今も実家から稽古場へと通う史上最年少トリオが、同じ事務所の先輩を倒し、お笑い界の下剋上を果たしてキングとなり夢をつかむことはできるのか?


【ファーストステージ3試合目】先攻:バンビーノ 後攻:さらば青春の光
■バンビーノ
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
大阪5upよしもと所属の若手コント師、バンビーノ。彼らは2人とも語学留学のための海外での生活経験をもつ。その時、言葉のかわりに笑いが最高のコミュニケーションになることに気づく。同じお笑い養成所で出会った2人は以来、言葉を超えた独自の笑いを目指し続けた。そんなワールドワイドな新感覚の笑いで初出場初優勝なるか。ちなみに藤田は、上方の落語家桂きん枝の甥っ子。

■さらば青春の光(ザ・森東所属) 
ABCお笑い新人グランプリ準優勝、NHK上方漫才コンテスト準優勝とその実力のまま、今年かつて誰一人なしとげたことがなかった3年連続で決勝戦へと進出したさらば青春の光。1年目は大手芸能事務所から、2年目はフリーで、そして3年目の今年は自身の個人事務所“ザ・森東”をたちあげて芸能活動を続け、みたびファイナリストとなった。だが大手ではないため、年間の仕事はほぼ皆無。このままではダメだという危機感は人一倍。仕事のオファーを増やし、自身の会社を大手プロダクションにするためにも、今年こそ、背水の陣でキングの称号を手に入れたい! 

手にいれた1000万円で社員旅行をもくろみ、色んな社長さんとも対談をしたいと夢は膨らむ。悲願の優勝を果たすことができるのか?


【ファーストステージ4試合目】先攻:ラブレターズ 後攻:犬の心
■ラブレターズ
(ASH&Dコーポレーション所属)
2011年大会のファイナリストのラブレターズ。当時ポップな歌ネタで鮮烈デビューを果たした2人だったが、実はそのネタは彼らの中では異例中の異例。というのも、実は彼らは2人とも学生時代はいじめられっこ。そんな二人が自分たちの原点であるいじめの体験の中からコントのエッセンスを凝縮、自分たちにしかできない底意地の悪い世界観を作り上げて帰ってきた。

そう、彼らにとってキングになることはいじめっこたちを見返すこと。いじめられっこの逆襲なるか!? また一騎打ちの相手“犬の心”は自分たちよりも所属事務所の社長にはまっているとやっかむ二人にとって、社長を振り向かすためになんとしても勝たねばならない戦なのだ!

■犬の心(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
日本大学の同級生で今年芸歴17年を数える犬の心。渋谷公園通り劇場でデビューを果たして以来、17年間、何度かあったお笑いブームにのることもなく、気づけば生活のためにはじめたバイトが本職以上の稼ぎに。それでもデビュー以来、コントだけはかわることなく一筋につくり続けてきた。

コントで結果をださなければ芸人としてのアイデンティティを失ってしまうと感じた2人は、このままではいけないと3年前から『犬の心本気ライブ』をスタート。歴代のキングオブコントのファイナリストたちと合同ライブを行い、腕を磨き続けた。そしてついにはじめてスポットライトのあたる場所へ。1000万円を手に入れ、なんとしても苦労をかけた家族のために軽自動車を買ってあげたい! そんなささやかな夢を追う二人に笑いの女神はほほ笑むのか!?


【ファーストステージ5試合目】先攻:チョコレートプラネット 後攻:アキナ
■チョコレートプラネット
(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
2008年第1回大会で初のファイナリストとなって鮮烈なデビューを果たしたチョコレートプラネット。長田は実家が京都の下町工場で、幼いころからものづくりの現場を目にしてきた。創業者の祖父は発明家で様々な特許を取得。そんなものづくりのDNAをもつ長田は、ネタやネタにつかう小道具までも非常にち密で細部までこだわる。

初めてキングオブコントの決勝の舞台にたってから気づけば6年、今回二人がかかげたテーマは原点回帰。ネタをつくる楽しさにあふれていた新人の頃の自分たちに戻ること。その思いで1年をかけ改良に改良を加えたネタで勝負をする! 第1回大会とはまたまったく違った新たなネタのチョコレートプラネットを確かめてほしい。

■アキナ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
今年で芸歴11年目のアキナ。実は二人は関西では深夜の帯番組のMCをつとめたこともある人気トリオのメンバーでキングオブコントの準決勝にも何度も顔を出す常連組。ブレイク寸前といわれていたトリオだった。しかしトリオのメンバーの不祥事により、突然の解散。途方にくれる二人を奮い立たせたのが『キングオブコント』だった。

二人はトリオの時の自分たちをこえることを目標に『キングオブコント』優勝を目標にかかげ、アキナとして再出発。少しの時間も惜しむため、同じバイトをし、同じ飯をくい、一緒にネタをつくるという生活をしてきた。その中で磨かれたネタと培った絆の力で今年悲願の優勝を目指す。
 
次世代のお笑いブームを牽引していくであろう新星10組による情熱とプライドをかけたバトルが赤坂で繰り広げられる! 歴史的瞬間をその目で見届けろ!

『キングオブコント2014』決勝戦
10月13日(月)20:00~22:54 TBS系列で放送 ※一部地域を除く 
司会:ダウンタウン
http://www.king-of-conte.com/
http://www.tbs.co.jp/kingofconte/[リンク]

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP