ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2014年Q2の国内タブレット出荷シェア、Appleが首位を維持しつつもシェアは40%を切る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

調査会社 IDC Japan は 10月 6 日、2014 年 Q2 (4 月 ~ 6 月)の国内におけるタブレットデバイスの出荷台数に関する調査結果を発表しました。Q2 の総出荷台数は前年同期比 19.3% 増の 197 万台。成長率では前年同期から下がりましたが、プラス成長は維持しています。同社によると、この期間は NTT ドコモの LTE 対応 Android タブレットと法人向けの Windows タブレット・iPad の販売が好調だったそうです。同社のアナリストは、既に低価格帯の Android タブレット(Wi-Fi モデル)が伸び悩みを見せており、今後は大画面スマートフォンとの競合もあり、タブレットは減少していくと予測しています。安い Wi-Fi タブレットのブームはそろそろ終焉を迎えようとしているようです。メーカー別シェアでは、Apple が 39.4%でトップ。しかし、シェアは 40% を切っています。2 位は富士通で 12.1%、3 位は Sony で 11.1%、4 位は ASUS で 10.8%、5 位はシャープで 10.1%。国内メーカーはシェアを上げています。Source : IDC Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Nexus 9は台湾では今四半期中に発売される予定、HTC幹部が明かす
ワイモバイル、PHSからスマートフォンに乗り換えると端末価格が0円になるキャンペーンを10月末まで実施
Galaxy Note Edgeは世界で最初に日本で発売される予定。CM動画も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。