ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何度乗っても毎月1000円! 乗り捨て可能な公共自転車『ちよくる』が便利すぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

乗りたいときに乗り、降りたいときに降り、延長したいときは延長できる、そんな夢のような公共自転車サービスが東京都千代田区で開始され、好評を得ている。

使い方は非常に簡単だ。千代田区内には「ポート」と呼ばれる公共自転車置き場が複数ある。

そこに置かれている電動自転車に乗り、目的地までスイスイと移動。目的地の近くにあるポートで自転車を返却すればいい。もとのポートに自転車を戻さなくていいので「乗り捨て」(ワンウェイ)が可能なのだ。

インターネット上であらかじめ登録しておく必要があり、1回30分で100円だが、月額会員だと乗り放題で毎月1000円。月額会員の場合、何回でも乗れるが1回30分まで無料。30分を超えると100円かかる。

千代田区内の移動を頻繁にするという人は月額会員を強くオススメする。ポートが複数あるので、地下鉄やタクシーでの移動より経済的だ。

1回の利用で30分を超えると追加で100円かかってしまうが、30分を超えそうになったら近くのポートに返却し、すぐにまた借りて乗れば追加料金を払わず乗り続けることができる。一度でも会員登録してしまえば借りるのは楽で、Suicaやパスモなどを自転車のカードリーダーにかざすだけで使える。

・はじめてのレンタサイクル『ちよくる』の使い方まとめ
1. インターネットで会員登録する(Suicaやパスモがないときは専用カードを発行してもらうことも可能)
2. 最初はポートにある自転車でSuicaやパスモなどのカードと会員番号を紐付ける
3. Suica等を自転車にかざして解錠する
4. 目的地まで乗る
5. 目的地近くのポートに返却して施錠して「返却完了」する
※施錠だけでは返却にならないので必ずENTERキーを押すこと

・レンタサイクル『ちよくる』の使い方まとめ
1. Suica等を自転車にかざして解錠する
2. 目的地まで乗る
3. 目的地近くのポートに返却して施錠して「返却完了」する

電動自転車のスペックはけっこう良く、電動アシストのパワーを変更することが可能。残りバッテリー量、走行可能距離、そして現在の走行スピードがハンドル部分に表示される。乗る前に残りバッテリーの残量を調べよう。

今回、市ヶ谷~秋葉原~淡路町の区間を乗ってみたが、地下鉄より便利で快適だった。しかも24時間すきなときに使えるのも嬉しい。

しかし、ひとつ注意点がある。返却予定のポートに、自転車をとめる空きがない場合は返却できない。どこのポートに返却できる空きがあるかリアルタイムにスマホから確認できるので、そこも要チェックだ。

掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
Via: ちよくる

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP