ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キーラ・ナイトレイが美声を披露! ギター片手に弾き語る『はじまりのうた』の予告映像が解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで一躍トップスターに仲間入りしたキーラ・ナイトレイが、恋人に裏切られた失意のミュージシャンを演じた最新作『はじまりのうた』が、2015年2月7日(土)より日本公開となります。本日、キーラがギターを奏でながら歌を初披露する予告映像が解禁。映画ファンだけでなく、音楽ファンも大興奮の内容となっています。


キーラ・ナイトレイ演じる主人公グレタの才能を見出す、落ち目の音楽プロデューサーのダン役には『アベンジャーズ』など数多くの名作に出演するマーク・ラファロ。そして注目すべきグレタの恋人役は、本作で映画デビューを果たした“マルーン5”のボーカリスト、アダム・レヴィーンが演じています。アダムは、なんとノーギャラで出演しているのだとか。


予告編は、恋人だったグレタとデイヴの突然の別れから始まります。「死ぬほど愛してた」と語るグレタは、ひとりぼっちのニューヨークで彼への想いを綴った歌を披露。すると、落ち目の音楽プロデューサー、ダンの目に留まり、ニューヨークの街角を録音スタジオにしたアルバム作りへ参加することに。


自然も地下鉄も静寂も騒音も、全てを楽器にして前代未聞のレコーディングが始まります。「やっと大切なことに気づいたの」と語るグレタが最後に出した答えとは……? キーラ・ナイトレイが本作で初挑戦した美声にも注目です。それにしても、マーク・ラファロに対して「ホームレスみたい」と吐き捨てるキーラ・ナイトレイの表情が最高です。確かに、佇まいはそんな感じもしますが……。

監督は『ONCE ダブリンの街角で』で世界的に注目を集めたジョン・カーニー。ダブリンを舞台にストリート・ミュージシャンの恋模様を描いた前作では、音楽とラブストーリーが寄り添った物語で、初監督とは思えない手腕を発揮しました。また、劇中の楽曲はアカデミー賞歌曲賞を受賞し、サウンドトラックはグラミー賞にノミネートされています。

そんなカーニー監督の最新作として期待された『はじまりのうた』は、6月末に全米5館で限定公開され、同時期に公開された超大作の『トランスフォーマー/ロストエイジ』を抜き、スクリーン・アベレージ第1位を獲得。その後、口コミでその人気が拡がり公開館数を1300館以上まで拡大。並み居る大作の中、3週目には全米9位を記録。前作を超える異例の大ヒット作品となりました。

カーニー監督は、自身の半自伝的作品となる『Sing Street(原題)』の製作を発表しており、同じくダブリンの出身で友人でもある世界的人気ロックバンド“U2”のボノとエッジが、サウンドトラックや製作のサポートを務めることで話題となっています。音楽を通じて感動的なストーリーを描き出すカーニー監督から、今後も目が離せません。

映画『はじまりのうた』予告編(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=yOr4LeEWOLo

『はじまりのうた』公式サイト:
http://hajimarinouta.com/

(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP