体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本のベンチャー企業を取り巻く環境があまりに悲惨すぎる件について

よそ行きの妄想

今回はちゅんぷくさんのブログ『よそ行きの妄想』からご寄稿いただきました。

日本のベンチャー企業を取り巻く環境があまりに悲惨すぎる件について

ベンチャーキャピタルを含む日本のベンチャービジネスをめぐる環境は(おそらくシリコンバレーなんかと比べて)まだまだ未整備で、日本からGoogleやAmazonやAppleのような高い成長を実現するベンチャー企業が出て来ないことの一因となっている、なんてことは実によく言われることで耳にタコなわけだが、先般ふとしたきっかけで某ベンチャー企業の資金調達のアドバイザリーの仕事を引き受けさせていただいたので、実際にいろいろベンチャーキャピタルやらなにやら回ってみたところ、まったく虚しい回答ばかりで資金がさっぱり集まらないという実にお寒い状況に直面し、こんなことでは日本からGoogleやAmazonやAppleのような高い成長を実現するベンチャー企業が出て来ないよと強く思ったので、少し不満など整理しておく。

ファンドの満期
たいがいのベンチャーキャピタルは、ファンドを運用している。つまり年金やら生保やらといったところからカネを集め、ファンドを通じてベンチャービジネスに投資するわけだが、そのファンドには基本的に満期というものがある。満期(まで)にファンドの出資者に払戻しをしますよということだ。

で、ファンドの満期というのは、大体5年から8年くらいが多い。たった5年から8年だ。ベンチャービジネスに投資をするにはあまりにも短すぎる期間で、そもそも創成期のベンチャービジネスに投資する気があるのか疑わしい。

こうしたベンチャーキャピタルの投資期間に無理矢理目線を合わせると、ベンチャービジネスを営む企業の側も、必然的に設備投資が軽く、比較的早期に損益分岐を超えてくるようなビジネスに焦点を絞らざるを得ず、結果としてどうでもいい受託型のシステム開発企業と、CGM *1 やSNS *2 と言えば聞こえはいいが単なる流行りものの二番煎(せん)じみたいなクソ企業が世に氾濫(はんらん)することになる。このような惨状の一因は、間違いなく主だったベンチャーキャピタルの投資期間が一様に短いことによるものだろう。
*1:Consumer Generated Media(略称:CGM)。インターネットなどを活用して消費者が内容を生成していくメディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/Consumer_Generated_Media
*2:Social Network Service(略称:SNS)。社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービス
http://ja.wikipedia.org/wiki/ソーシャル・ネットワーキング・サービス

また、ベンチャーキャピタルはこうした資金の集め方をする限り、必然的に5年から8年おきに大型のファンドレイズを続けて行く格好になるが、ではそのタイミングでたまたま市況が悪く投資マインドが低迷しているとどうなるかというと、ファンドレイズが滞ることになる。

最近ベンチャーキャピタルを回っていて頻繁に聞くのは、「現状で走っているファンドについては概ね組み入れが終わっている一方で、新しいファンドは予定が立っていないため、創業期の会社に投資できるエンティティが存在しておらず、結果としていま投資できるとすると上場を間近に控えたようなレイターステージの会社くらいだ」という、聞くも無惨語るも無惨な悲しい懐(ふところ)事情である。

そんな都合のいい投資先がそうそうあるはずもない(レイターステージの会社は一般的に資金に困窮していない)し、ベンチャーキャピタルがそんな状況では、ベンチャーキャピタルをあてにしたベンチャービジネスの創業は事実上不可能である。

イグジットはIPO *3
今でも多くのベンチャーキャピタルはVB(ベンチャービジネス)投資における投資回収の基本路線として、IPOをあげる。IPOというのはつまり新規株式公開のことで、IPOで回収という場合、投資先が株式を公開した後に保有株式を株式市場で売却することを指す。
*3:Initial Public Offering(略称:IPO)。未上場会社の株式を(公募や売出しによって)株式公開証券市場(株式市場)において新規に公開し、売買可能にすること。
http://ja.wikipedia.org/wiki/株式公開

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。