体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

嵐は最高! でも運営は……嵐ハワイツアー参加者のもやもやの原因は

16

今ジャニーズの人気トップグループと言っても過言ではない“嵐”。今年2014年でデビュー15周年を迎え、9月19日、20日にはデビュー記者会見を行ったハワイでの記念コンサート『ARASHI BLAST in Hawaii』が行われた。日本からも約3万人のファンが駆けつけ、ハワイコンサートを楽しめるオフィシャルツアーが組まれた。申し込めるのは代表者がファンクラブ会員であること。同行者がファンクラブ会員でなくても当選したかは情報がないのでわからないが、申し込むことは可能だ。筆者はファンクラブ会員2名で申込み、参加することとなった。

関連記事:
嵐ハワイコンサートいよいよ今週末開催! 大金をかける価値はある? 直前まで振り回される嵐ファン
http://getnews.jp/archives/667615[リンク]

ツアーはJAL、JTB、H.I.S.の3社のツアーパックから選び申し込む。ツアーは3泊5日からあり、往復の航空券、宿泊費、コンサートチケット代が含まれて約30万~50万円(現地観光などのオプショナルツアーは別料金)。3社共通で付いてくるものは、今回のハワイツアー限定デザインのパスポートケース、荷物につけるラゲッジタグ、旅のしおり、現地で渡されたツアーパス、現地で使用できるWi-Fiパスカード、帰り際にもらえるメッセージカード、レスポートサックのストラップ(特に嵐デザインというわけではない)、さらに現地で観れるスペシャル映像2つ。そして肝心のコンサート会場エリアに入ることができる権利だ。これに、JALパックのみ図書カードと飛行機内で聴ける嵐のスペシャルトーク『嵐チャンネル』が付いている。

※すべての画像が表示されない方は下記URLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/677179

現地に着くまで何も知らされない

行きの搭乗便や宿泊ホテルも出発の10日前くらいにならないと教えてもらえなかったのだが、着いてからのスケジュールももちろん着くまで知らされない。コンサート以外、他の予定を入れるのがためらわれる。

ホノルル空港に着くと、そこからすぐにツアースタッフに迎えられ、誘導される。わけもわからないままバスに乗せられ、そのままツアー説明会場へ連れて行かれた。バスに乗る前に荷物を預けると、ホテルに運んでおいてくれるといったところは助かった。ツアー説明会場ではツアーパスやコンサート当日の流れなどが説明され、嵐のウエルカムムービー(スペシャル映像の1つ)を見て解散。

21 時間

帰りもホノルル空港までバスを出してくれるのだが、集合時間は2日前にツアーデスクに貼りだされるので見に来て、と言われる。ツアーデスクはいくつかのホテルに設置されており、自分の宿泊ホテルにない場合はわざわざ見に行かなければならない。なぜ帰りの搭乗便は決まっているのに、集合時間は決めておいてくれないのだろうか。

そして、ロイヤル・ハワイアン・センターでスペシャル映像の上映があること、コンサート会場エリアに“デビュー会見のクルーザー”が展示されることなどをここで知らされる。

29

コンサート当日はチケットを引き換えに行き、そこでコンサート会場で自分が使用する“折り畳みの椅子”が配られる。会場までは送迎バスを出してくれるが、この時点からみんな一日中椅子を持って移動することになる。会場エリアのどこでも座って休憩できるので便利といえば便利だが、約1.3kgくらいあるしかさばるのが難点だ。帰国時に空港で荷物を預ける際オーバーウェイトとなってしまい、手荷物として機内に持ち込むファンの姿も少なくなかった。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy