ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グループで通話を共有できるアプリ「Talko」、通話に写真やメモの貼付も!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイル端末を使ったコミュニケーションアプリは、メールにメッセージ、SNSなどと各種ある。しかしこのほど登場した「Talko」は音声通話という基本を重視しながら、グループ作業の効率アップという視点で開発されたツールだ。

何が売りかというと、複数の人と同時に会話をしながら、その途中、アプリで撮影した写真やビデオを共有したり、会話を記録としてクラウドに残せたりすることができる。

■チーム作業を効率化

このアプリは、仕事でプロジェクトを進めているチームなどでの使用を前提としている。効率的に作業を進めることを念頭に開発されていて、例えば会話の中で解決すべき問題が生じたとき、その部分に注釈メモを付けられるようになっている。

また、通話に参加できなかった人には、会話の記録を転送することができるので、キャッチアップができるというわけだ。時間がないときなど、注釈部分だけを聞く、ということも可能だ。もし複数のプロジェクトを抱えているなら、ユーザーはそのプロジェクトごとに会話グループを作成できる。

■元MSトップが開発

このアプリは、マイクロソフト社でソフトウェア開発トップを務めたRay Ozzie氏がプロデュースしたという点でも注目を集めている。Ozzie氏は「コミュニケーションをとるとき、会話が一番確実で、早い」と開発背景を語る。

確かに忙しいビジネスマンらにとって、メールしたりテキストしたりするより話した方が早かったり、また誤解が少なかったりする。そして、最新情報を皆で共有することで作業効率アップにもつながる。

アプリには無料版と有料版があり、違いは、無料版では通話のデータが10日で消えること。その他の機能はほぼ一緒だ。アプリは現在iOSのみ。しかし数ヶ月以内にAndroid版とウェブ版もリリースするとしている。

Talko

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP