ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悲報! ワタミ正社員の給料、実はアルバイトに負けていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が勤めていた頃のワタミでは、サービス残業が当たり前の文化でした。それが多くなると、当然給料に響くようになります。さらに正社員ということで、社会保険やら厚生年金やら諸経費が引かれると、手取りがアルバイト従業員より少なくなるのです。

もちろん、アルバイト全員より下回るというわけではありませんが、週5~6日、1日8時間超が基本の主力アルバイト従業員には、ふつうに手取りで負けていました。天引きの関係上、仕方ないことかもしれませんが、店の人件費を無理に抑制させられる「ノーコン」の関係もあるので、内心は穏やかではありませんでした。(文:ナイン)
ファミレスでもタイムカードを切ってから「タダ働き」

この話をいつものように、ファミレスに勤めていた友人に話すと、やはりその店でも社員にしわ寄せが行っていたそうです。

「ウチはさすがにバイトを下回ることまでなかったけど、確かに同じくらいにはなるときがあったな。『待機ラスト』ってのもあったし…」

友人の勤めていたファミレスでは、社員はタイムカードを切って控室で「待機」し、店が忙しくなると呼び出されて無給で働かされていました。それだけでも悪質なサービス残業ですが、問題はそれだけではなかったのです。

「深夜の給料と残業代って、賃金が割増しになるでしょ? それがあるから社員のシフトを組む時は、シフト上は8時間労働にするのさ。でも実際は、開店から閉店までが基本で、タイムカードをつけていいのはマックス8時間。午後の10時に仕事を一度あがって、閉店の2時まで待機し、閉店作業することもあったよ」

時間外労働と22時以降の深夜労働は、ともに賃金が25%割増しになります。それを避けるために、待機状態のまま「ラスト(閉店)」まで働くことが横行していたなんて…。これには私も絶句しました。なかなかあくどいことをするなと。さらに彼は、こんなことも言っておりました。

「ウチは売上には厳しく言われなかったけど、生産性には厳しかったよ。人を使いすぎると上司がうるさいからね」

会社を儲けさせるために現場が「辻褄あわせ」

外食チェーンでいう「生産性」とは、要するに店の売上に対して使っていい人件費のこと。低い売上で多くの従業員を使うと利益を圧迫するため、売上と同じくらい重要なものです。

つまり会社や経営者が儲けるために、現場で違法な「辻褄あわせ」を強要されているわけです。「サービス残業」が基本で、手取りがアルバイト以下。さらに社員だからといって、責任も重い。こんな職場じゃ、どうしても魅力に欠けます。

「最近の若いモンは、つらい仕事をやりたがらない」

という声も聞かれますが、こんな状況だと「そりゃそうだろ」と思います。

社員の責任を軽くするためには、アルバイトに重い責任を負わせるしかありません。そこで最近問題になっているのが「ブラックバイト」というやつです。リーダーなどの名の下に、学校に行けなくなるほど無理なシフトを入れられ、残業代も支払われず、体調を崩してしまうこともあるようです。

外食チェーン全てがこのような実態があるとは限りませんが、こういった店舗が確かにあります。悪い噂ほどすぐ広まりますから、外食チェーンのブラックな労働環境のイメージは、なかなか払拭できないでしょうね。

あわせてよみたい:過労死裁判に提出された「是正勧告書」の山最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。