ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューヨークのラーメン事情『一風堂』が大人気

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はHALさんのブログ『The Wisdom of Crowds – JP』からご寄稿いただきました。

ニューヨークのラーメン事情『一風堂』が大人気
この記事ではニューヨークのラーメン事情を紹介します。今夜最初に紹介するのはアスター・プレイス駅前にある『一風堂』のニューヨーク支店です。

『一風堂』の英語版公式ウェブサイト
http://www.ippudo.com/ny/

日本国内だけでなく、ニューヨークにおいても『一風堂』は人気があります。ここで米国のレビューウェブサイトの『yelp』*1 を見てみるとなんと約1200人が評価して、平均で4つ星を獲得しています。すごい数のレビューです。そしてそれでも4つ星獲得というのはすごいです。

*1:『yelp』の『一風堂』ニューヨーク支店のページ
http://www.yelp.com/biz/ippudo-ny-new-york

さて『一風堂』は日本国内においては“赤丸かさね味 850円”、“白丸元味 750円”です。これがニューヨークにおいてはいくらになるでしょうか。推測して下さい。答えは共に$14です。日本の1.5倍以上の価格です。そしてまた、モヤシも高菜も欲しかったら追加で注文をしなければなりません。でもこれで価格への説明は終わりじゃありません。この$14消費税8%チップ15%を加えなければいけません。私はShuと二人で行ったときに結局$36を支払いました。つまり、『一風堂』のラーメンをニューヨークで食べると、日本で食べるのに比べると2倍以上の料金を払わなければいけないということです。そしてまた、これだけ高価にも関わらず『一風堂』はニューヨークで人気があるため、私たちはラーメンを食べるまで1時間弱待つ必要がありました。

さてここで少し話題を変えて、ニューヨークでなぜ日本のラーメンが高価で売ることが出来るのかを説明します。私はロワー・マンハッタンで一度韓国人が経営する韓国食・日本食ダイナーでラーメンを食べたことがあります。お値段は$8、日本のラーメンと変わりません。しかし、このラーメンはインスタントラーメンでした。これなら自分でも作れると思いました。まずかったです。2度と注文するかと思いました。また、近くにあった中国系ダイナーで食べられるラーメンは$5です。安いです。しかし、この中国系ラーメンもまずかったです。インターン先の近くにあったため、3~4種類のラーメンを試しましたが全部まずかったです。

結局、分かったのは“日本のラーメンがニューヨークにおいて美味しすぎる”だから“値段を2倍以上にしても売れる”、“1時間待ちでも客は待つ”ということです。

日本のラーメンの質の高さは異常です。ですので日本のラーメンをニューヨークに持っていけば、大抵2倍近くの価格で販売出来ます。これは『一風堂』だけが特別という訳ではありません。日本で過当競争に苦しんでいるラーメン屋の方々は海外進出を検討することをお勧めします。日本では大衆料理であるラーメンが海外ではおしゃれな高級品扱いです。そこには日本のような過当競争も価格競争もありません。

私はニューヨークを経験してから、このラーメン同様に日本国内では当たり前だと思われているけど、実は日本以外の世界に持っていくと異常に質の高い製品・サービスを発見出来るようになりました。日本国内では差別化できなくても、一度海外にもっていくと圧倒的な質で差別化できる、そういう製品・サービスが日本にはゴロゴロとしています。上手く海外市場に進出出来れば日本とは比較にならないくらいの利益を稼ぐことが出来ます。

『一風堂』に一緒に行った中国人のShuは「こんなラーメン、中国で食べたことない!」と感激していました。日本のラーメンは中国人もビックリなものでした。

************************
ブログにて『はてなブックマーク』を2200以上獲得した(獲得数で歴代100位以内)「実用的な英語を習得する方法」、TOEIC860点を取得、かつ日本の英語教育で欠けている“話す”、“書く”ための英語学習方法を紹介しています。なおこの「実用的な英語を習得する方法」は書籍化が決まりました。
「実用的な英語を習得する方法」
http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/sitemap/english/

また、地球の歩き方には載っていない“とんでもないアメリカ社会”を紹介した「米国体験記」をブログにて公開しています。こちらもぜひご覧下さい。
「米国体験記」
http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/sitemap/us/
************************

執筆: この記事はHALさんのブログ『The Wisdom of Crowds – JP』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

******
ガジェット通信では、皆さんの原稿を募集しています。
http://getnews.jp/post
******

■最近の注目記事
食べすぎは太るだけじゃなかった
文系も理系も高学歴プアー:年上世代は身勝手
若者が自殺をしてはいけない理由
英語公用語化について
はやぶさ帰還ニコ生中継・観測編
はやぶさ帰還ニコ生中継・準備編

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP