ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『神様はじめました◎』スペシャルステージに立花慎之介・三森すずこが登場! 新キャラキャストも発表で歓声 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『花とゆめ』(白泉社刊)で連載中の鈴木ジュリエッタ先生原作の妖かしと女子高生神様の恋模様を描く『神様はじめました』。単行本は現在19巻まで発行し、累計350万部を突破している人気作品です。
TVアニメ第1期は2012年10月より放送、大好評を博しOADを経て、今回第2期TVアニメの制作が決定。監督は引き続き、大地丙太郎監督。今回もストーリーテラーとして、その実力を遺憾なく発揮し、原作のストーリーにおなじみ大地監督オリジナル展開をプラスして、作品を鮮やかに演出していくとのこと。

今回は大きな2つのお話が屋台骨となり、全体のストーリーを構成していきます。ひとつは出雲大社で1年に1度、神様が集結する「神議リ」(かむはかり)にヒロイン・奈々生が呼ばれて行くお話、もうひとつは鞍馬の生まれ故郷・鞍馬山での出来事を描くお話。アニメーション制作は前回同様、トムス・エンタテインメントが手がけます。


9月28日には『花とゆめ』創刊40週年記念、「花とゆめ・アニメ祭」にて巴衛役・立花慎之介さん、桃園奈々生役・三森すずこさんが登壇し、『神様はじめました』スペシャルイベント「第2期はじめました」が行われました。新情報やPVの公開、サプライズゲストの登場も!

会場ではまず第1期を振り返る映像を上映、キャストのお二人が2年前のアフレコの印象を語りました。


第2期のキービジュアルやPVも公開! 第2期から登場するキャラクター&キャストも明らかになり、会場からは歓声があがる場面も。ちなみに、タイトルロゴには『神様はじめました◎』と“◎”が付いているのですが、表記のみで発音する際は読まないとのこと。

新たなキャラクター


■護(CV:サル護:楠ひなたさん/少年護:山下大輝さん)
奈々生の気を養分にして卵からかえった式神。人型にも変身できる。


■大国主(CV:森久保祥太郎さん)
出雲大社の主で神謀りの主宰。美女の大好きなプレイボーイ。

諏訪部順一さん演じる、悪羅王と悪羅王が人の姿になった「霧仁」も出番が増えるかも?


また、第2期の第1話のアフレコは済んでいるそうで、久しぶりの巴衛と奈々生を演じた感想も語られました。

立花:内容としては、奈々生に振り回されつつ、好きな感情に悩んでいく巴衛というのもあると思うので、そこら辺は僕も楽しみにしています。

三森:奈々生はひとまわり成長した感じがあるので、第2期ではもっとたくましく可憐にやっていけたらと思います。

大地監督からは「絵の方もすごく綺麗に出来ている」「みなさん胸がときめいて楽しめること請け合い」と期待感を煽るビデオメッセージが届き、会場に集ったファンをますます楽しみにさせました。


さらに最後にスペシャルゲストが! アーティストのハナエさんが登場し、TVアニメ第1期のOP曲「神様はじめました」を生披露! 赤い番傘をくるくると回し、透明感のある歌声を響かせました。

また、『神様はじめました◎』の制作発表会を12月14日に実施。放送時期などの詳細情報はそこで明らかになるのでしょうか。それまで、11月28日に発売するTVアニメ第1期Blu-ray&DVDBOXやイベントをチェックして、続報をお待ちください!

『神様はじめました◎』公式サイト:
http://mikagesha.com/index.html

(C)鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP