ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アプリ】iOSのSafariに翻訳機能を追加する便利アプリ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


“iOS 8”の『Safari』にはApp Extensionという機能があり、Safariをサポートする拡張機能を追加することが可能となっている。そんな中でも基本的で役立つアプリを紹介。今回紹介したいのは『Translator』という無料アプリ。

これをダウンロードすることにより『Safari』に翻訳機能を追加可能。ただダウンロードするだけでは翻訳機能は使えず、最初に設定が必要。『Safari』を起動しメニューを表示。下にアイコンが並んでいると思うので「…(その他)」というのを選択しよう。すると先ほどインストールした『Translator』という項目があるはずなので、そこをオンにすれば使えるようになる。

常に使うと言う人は右の部分をつまんで上に持って行くと良いかもしれないぞ。
初期に設定出来る翻訳言語は「日本語」「英語」「フランス語」「ドイツ語」「イタリア語」だが、翻訳語はもっと数多く選ぶことが可能。

『Translator』の対応は“iOS 8”以降となっている。

Translator(Webページをまるごと翻訳) – Koji Kiyama


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP