ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわりのカカオチョコ! 『明治 ザ・チョコレート』2種類を試食フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
2箱

明治から厳選したカカオ豆を使用したこだわりのチョコレート『明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ』『明治 ザ・チョコレート 香るカカオ』の2種類が2014年9月24日(水)より新登場。編集部スタッフがさっそく試食フォトレビューにてご紹介致します。
(撮影:ガジェット通信撮影班 erini)

『明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ』『明治 ザ・チョコレート 香るカカオ』

(公式サイトより)
『こく苦カカオ』は、ナッツのような香ばしさを持つベネズエラ産のカカオ豆を中心に使用し、独自の高温深煎りローストにより心地よい苦みとこく深いあじわいを楽しむことができます。また『香るカカオ』はアグロフォレストリー農法で栽培した独特の酸味を持つブラジル トメアスー産のカカオ豆を使用し、独自の低温浅煎りローストにより華やかな香りとフルーティーな味わいに仕上げました。

『明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ』

※記事中コメントは試食した編集部スタッフによるもの。

パッケージ差し替え

カカオのコクと風味を豊かに味わえるチョコレート。カカオが描かれたお洒落なデザインのパッケージです。

スリムなパッケージ

箱は、女性の小さめのバッグにも、すっぽり入りそうなスリムなサイズ。中には個別包装されたスティックタイプのチョコレートが7個入っています。

水色パッケージ裏

「このぐらいビターなチョコって僕好きです。(40代男性)」
「イヤな後味やくどさがなく、純粋にカカオを味わっている感じがします。ビターチョコレートが好きなので、ほろ苦さと適度な甘さ、いつまでも口の中で楽しんでいられるコク深い味わいはたまらないです。(20代女性)」

水色パッケージあけたところ1

「純粋にチョコの味が口に広がって贅沢な気分。くつろぎながらゆっくりと味わいたい。(20代女性)」

水色パッケージこほうそう

「コクという表現がちょうどよいほろ苦さ。クリーミーで口の中に入れると程よく溶けまろやかな苦味が広がります。袋に小分けになっているため、みんなで分けて食べられて便利。(40代男性)」

あけたところ さしかえ ブルー

「こういった贅沢なチョコレートは、小さめなものが多いですが、こちらのチョコレートは結構な大きさがあるので、ひとつをゆっくりと存分に味わうことができ、とても満足感があります。(20代女性)」

『明治 ザ・チョコレート 香るカカオ』

華やかな香りとフルーティーな味わいを引き出したチョコレート。優雅な酸味が特徴。

香るカカオ

「チョコレートの香りがすごい。湯せんで溶かしたチョコレートのように、奥深いカカオの香りが鼻をくすぐります。かじってみると、ちょっと酸味のあるフルーティーな味わい。(20代女性)」

ピンク裏

「袋を開けてみると、その中から一気にカカオの香りが外にあふれ出ます。(40代男性)」

ピンク裏あけたところ

「口の中からなくなってしまっても、鼻腔をくすぐる香りの余韻に癒されます。これ一枚でリラックスタイムにぴったり。(20代女性)」

ピンクのパッケージこほうそう

「甘いだけのチョコレートとはちがい酸味がしっかり効いたチョコレートが口いっぱいに。チョコレート大好きなひとは是非試して欲しいです(40代男性)」

差し替え ピンク

大人向けの贅沢リッチなチョコレート『明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ』と『明治 ザ・チョコレート 香るカカオ』。コーヒータイムのおともに味わってみては。

商品情報

商品名:『明治 ザ・チョコレート こく苦カカオ』『明治 ザ・チョコレート 香るカカオ』
価格:220円(税別)
内容量:52g(7本)
発売日:2014年9月24日
発売地区:全国

メーカー公式サイト

The Chocolate(ザ チョコレート)ブランドサイト
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/the-chocolate/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。