ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はねプリ第87回「魔女たちがぐつぐつ煮てる大鍋もなくなった」 – 『バブルウィッチ2』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『バブルウィッチ2』ってどんなアプリ?

『バブルウィッチ2』は、魔女の国を舞台にしたバブルシューティングゲーム。ルールはバブルを撃って3つ以上つなげてクラッシュさせるだけ。各ステージのミッションをクリアしていこう。評価時バージョンは1.7.6。無料。

アプリURL

https://itunes.apple.com/jp/app/id834393815

ひとことコメント

「魔女たちがぐつぐつ煮てる大鍋もなくなった」

はぎ:IT業界をひっそりただよう41歳。魔女より小悪魔が好き。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。

はぎ:以前『キャンディークラッシュ』のKingが出してる『キャンディークラッシュ』以外のゲームを「ランキング最下位はどれかなー」って調べてたとき、『Bubble Witch Saga』ってゲームの地味さや怖さに震えたんだけど、このたびめでたく『バブルウィッチ2』としてリニューアルされましたね。
ねり:全部説明しましたね……。なんだか演劇っぽい!
はぎ:というわけで、このふたつの差、つまり『バブルウィッチ2』で新しくなった部分を調べて、「どうやったらゲームは受け入れられやすくなるか」的なことについて考察してみましょう。
ねり:はーい!
はぎ:まずは絵だよね。以前の絵はWitch(魔女)の名にふさわしく、おどろおどろしいものだったけど、今回は絵がかわいくなってる。
ねり:アメリカっぽい可愛さで、ちょっとディズニーっぽい絵になりましたよね。
はぎ:レリゴー(言ってみたかっただけ)。
ねり:(無視して)以前のは魔女の肌の色が緑でしたからね! 怖いよ!
はぎ:マップとか背景も同じくかわいくなってる。魔女たちがぐつぐつ煮てる大鍋もなくなったみたいだし。
ねり:可愛いって意味では「バブルの大きさが大きくなってる」ってのも変更点としてありますね。細かいことに見えて意外と大きい部分かも。
はぎ:あと、ゲーム画面が縦になったのもいい。こういうカジュアルゲームだから、ゲームするときにわざわざスマホを持ち変えたくないもんね。
ねり:ステージごとに、クリア条件が明確に提示されるようになったのもいいですよね。『Bubble Witch Saga』のときは「なんとなくバブル落とせばいいんだろうな」みたいな感じでプレイしていて。
はぎ:クリア条件が明確になったのも関係するかもしれないけど、上に溜まったバブルを落とすだけじゃなく、「ゴーストを助けよう」みたいな、画面中央に集まって回転するバブルを落とすステージなんかが加わったのも、気合い入ってるって感じだよね。全ステージやったわけじゃないから、『Bubble Witch Saga』のころからあったのかもしれないけど。
ねり:ひとつひとつは小さな変化ですけど、全部が合わさると、全然違うゲームになりましたね。
はぎ:勉強になりますね。

はぎ:★★★☆☆ でもまあ実際はキャンディークラッシュやるんですよね。
ねり:★★★☆☆ 『Bubble Witch Saga』もぜひダウンロードしてプレイしてみてください!

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP