ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

電子タバコってどうなの? 禁煙の第一歩としオススメ 更に風邪の時に良いらしいよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
電子タバコ内容物

昨今の禁煙化が進む昨今、時代にあわせたかのように登場したのが電子タバコ。電子タバコにも様々な種類があるがその中でも群を抜いて人気があるのが『510』シリーズ。今回はそんな『510PCC』をレビューしたいと思う。

『510PCC』は充電式の電子タバコケースにバッテリーを入れるだけで充電される。USB接続が可能なので電源からもパソコンからも充電が可能。AC-USBアダプターも付属する。一回の充電で70分程度利用できケースからも5~6回充電できる。ケースはシンプルかつ丈夫に出来ており、そこにバッテリーとカートリッジ、アトマイザーをしまっておける。

こうした電子タバコは以下の様なメリットがある。
・火を使わないので安全
・灰や吸いがらが出ないため環境にも優しい
・口臭や衣服、室内がタバコ臭くならない
・タバコ代が大幅に減る。これは凄い!
・タール(ヤニ)が出ないので汚れない
・合コンで何故かモテる(らしい)
・低ランニングコスト タバコ一箱(1カートリッジ)あたり約33円で補充式であること。他商品は使い捨てカートリッジでかつ高価

またリキッドは50種類以上もありその中から好きな風味を選ぶことができる。禁煙に効果抜群なニコチン入りのリキッドも存在するがこちらは個人輸入の代行となる。従来のタバコの味が忘れられない人のためにマルボロ風リキッドやマイルドセブン風リキッドなども存在する。こちらはやはりニコチン入りだと吸いごたえ抜群で、電子タバコ特有の薄っぺ らい感じがしない。

女性にも好まれるようにシルバーだけでなくレッドやピンクなどといったカラーバリエーションも豊富。バッテリー部分はブラック、シルバー、ブルー、レッド、ホワイト、ピンクが存在し別売り(1,260円)でも購入可能となっている。

だからと言って電子タバコは他人に一切迷惑掛からないというわけでもない。電車の中、禁煙室などといった通常タバコが吸えない場所での電子タバコ吸引はトラブルの元となる。実際に電車の中で電子タバコを吸っていてトラブルになったというニュースが少し前にあった。電子タバコは明確には禁止されていないのだが、今後さらに普及すればタバコと同様に電子タバコも吸引禁止対象となるのでは?

ちなみに電子タバコは水蒸気が出てくるので風邪の時に喉に優しいという説もある(あくまで説)。さらにメンソールリキッドを使うことにより鼻の通りも良くなるとか。こういう使い方を全面に通せば見方も変わるかもね。

こちら『510』シリーズは『ニコタバ!』というサイトで購入が可能となっている。リキッド、パーツ、セットなど全て取りそろえているので興味を持った人は購入してみては如何だろうか。セットは6,280円なり!

ガジェット記者が吸ってみた

ニコタバ!

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。