ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『プラス0円で』今まで以上に博物館・美術館・図書館を楽しく利用する方法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『プラス0円で』今まで以上に博物館・美術館・図書館を楽しく利用する方法について・・・そんな虫のいい話なんて有るの?

『プラス0円で』今まで以上に博物館・美術館・図書館を楽しく利用する方法について・・・

そんな虫のいい話なんて有るんでしょうか。

・・・まあ、実際そんな大層な話では無いですが、FURUの体験談を聞いて下さいまし。

 

とある休日、子供達に「お出かけに連れてって~」とせがまれたので、近くの入館料無料の小さな博物館に連れて行きました。

あまり流行っていないのか、入館者は我々家族のみでした。

とりあえず、何時の様に、黙々と館内の展示物を一通り眺めていたのですが、ふとした時点で、学芸員と目が合い、そのまま声を掛けられました。

学芸員さんに声を掛けられたのが運の尽き?

学芸員「ご家族でおいでになられましたか?」

 

FURU「ええ」

 

学芸員「よかったら、館内の展示物を解説致しますよ」

今まで博物館の学芸員さんに声を掛けられた経験が無かったので、戸惑いながらも、

 

FURU「・・じ、じゃあ、お願い致します」と回答しました。

相当暇だったんでしょう。そういう訳で、その後、全展示物を付きっきりで解説してくれました。

展示物には書いていない、様々な豆知識を色々教えてくれたので、子供向けの博物館だったにも関わらず、オトナの私達にも、とても良い勉強になりました。

 

一通り展示物の解説が終わった後、実験コーナーの部屋に来た時に、館長さんが出てきました。

 

館長「じゃあ、今から実験を開始しまーす!」

 

私ら家族貸し切りで、館長さん直々に実験をしてくれる事になりました。館長さんからも、様々な面白話を聞く事が出来ました。

最後は帰りにお見送りまでしてもらって、結果的にオトナの方が大満足でした。

 

その時以来、博物館・美術館では、何か疑問点や知りたい事が少しでもあれば、学芸員さんに声を掛ける事にしています。

 

大抵の学芸員さんは、ここぞとばかり、様々な豆知識を披露してくれる事でしょう。皆さん、十八番のネタをそれぞれ持っている筈です。

 

図書館でしたら司書さんですね。なんとなく話しかけづらい雰囲気があるかもしれませんが、司書さんは読書のプロ、本のコンシェルジュです。

本の事でしたら、知らない事以外は何でも知っています。

「○○の様な××の本はありますか?」と質問すれば、たちまちお勧めの本を勧めてくれる事でしょう。

 

これが、『プラス0円で』今まで以上に博物館・美術館・図書館を楽しく利用する方法です。

これから、博物館・美術館・図書館に出かける時は、ちょっと学芸員(司書)さんに、声を掛けてみませんか?

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP