ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サムネイルサイズの写真共有アプリ「Tiiny」はコンテンツが24時間で“自動消滅”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メッセージアプリやSNSの世界では最近、「消滅型」が人気のようだ。閲覧時間1−10秒で写真が自動で消えるSnapchatが人気を博して以来、写真やテキストメッセージが一定の時間で自動消滅するサービスがいくつも出ている。

このほど、App Storeに登場した「Tiiny」も、写真・動画が自動消滅するタイプ。ただし、共有するものはサムネイルサイズと小さいのがポイントだ。

既存の同種のサービスではフルサイズ表示となっているが、サイズが小さいことのメリットは、いくつもの写真・動画が並べられること。Tiinyのスクリーンには格子状に12個の写真・動画が表示されるので、一目多で多くの友達の投稿を見ることができるというわけだ。

例えば、友人の1人がバーガーにパクついている写真、また別の友人がスケートボードを楽しんでいる動画など、そうしたものが同時にチェックできる。今友人たちがどんなことをしているのか、という近況を知るのに必ずしもフルサイズ画像は必要ないということだろう。

そして投稿されたものは24時間で消えていくので、フィードは常に“新鮮味”が保たれる。ずっと残るのは抵抗があるが、時間限定ならシェアしてもいいと思う写真やビデオはけっこうあるのではないだろうか。ちなみに、撮影ボタンのタップ1回で写真を、長押しで動画を撮影することができる。

Tiinyではフォローしている友達のものだけでなく、世界中のユーザーの投稿も閲覧できようになっている。また、「ポピュラーページ」には、閲覧の多い“ヒット作品”が並ぶので、それらを観て楽しむのもよさそうだ。

無制限で写真・動画をアップロードでき、アプリのダウンロードは無料となっている。

Tiiny

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP