ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大泉洋主演『ぶどうのなみだ』の舞台・空知はアンモナイトの街? 「1億年前から受け継がれた土地」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2012年に公開された映画『しあわせのパン』の三島有紀子監督と主演の大泉洋さんが再タッグを組み、再び北海道を舞台に描いた『ぶどうのなみだ』。10月4日に北海道先行、10月11日より全国ロードショーとなります。

『ぶどうのなみだ』は、大泉さんと染谷将太さん演じる年の離れた兄弟と、安東裕子さん演じる旅人の心の触れ合いを描いたヒューマンドラマ。北海道・空知の豊かな自然の中で 「黒いダイヤ」と呼ばれるピノ・ノワールの醸造に挑む、心にじんわり染みる物語です。


この北海道の空知という場所は実は太古の昔、海の底だったそう。空知にある「三笠市立博物館」には白亜紀の化石が展示されているなど、化石と結びつきが強い街。

本作の企画を務めているのは、CREATIVE OFFICE CUE代表取締役社長の鈴井亜由美さん。そう! 『水曜どうでしょう』ファンにはおなじみの“ミスター”の奥様です。鈴井さんは映画について、

「アンモナイトが生息していた時代は1億年前、石炭の元になった木の化石が眠る地層は5千年前のもの、そこからバトンを受けている現在の葡萄畑の土。空知の土地に生きて来た人々、家族もこれからもきっとそのバトン渡しをしていくのだろう、我々も然り、家族と向き合い、その土地を大事にしてもらいたいという想いが込められています」

とコメント。筆者も映画を観ましたが、とにかく自然が美しくて、とにかくワインが飲みたくなります。いつか空知を旅行してみたいなあと思いました。ナパバレーにはなかなか行けなくても、北海道なら……! この物語の中でも、重要な意味を持つアンモナイト。どの様に関わってくるのか、ぜひ映画で確かめてみてくださいね。

『ぶどうのなみだ』
http://budo-namida.asmik-ace.co.jp/

(C)2014「ぶどうのなみだ」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP