ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「痛風は too fool」人気声優の谷山紀章さんが痛風の激痛に耐えていたとカミングアウト

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

声優として数々の人気作品に出演、歌手としても活躍している谷山紀章さん(‏@kishownstarmaps)が9月16日に『Twitter』にて



【カミングアウト】痛風発作の激痛に耐えて頑張った1ヶ月間。特にライブでのハイジャンプ飛び降りは筆舌に尽くしがたかった 悪い意味で。マジで禁酒します 明日から。痛風は too fool

とツイート。まとめサイトなどにも取り上げられ、9月19日の段階で7千件以上のリツイートを集めるなど話題になっていたようだ。バンドmilktubのbambooさんや声優の白石稔さんも返信ツイートを寄せていた。

筆者も痛風もちであり、発作も経験したことがあるが「風が吹いても痛い」というより風なんぞ吹かなくても激痛なのである。右足の親指の付け根が腫れることが多いのだが、歩くこともままならないほどの痛みに襲われる。病院ではロキソニンやボルタレンといった痛み止めを処方され、服用すると多少は痛みが和らぐのかもしれないがそれでもやはり痛いので、「ハイジャンプ飛び降り」など想像するだけで恐ろしい次第である。

また、症状が進むと“痛風結節”なるコブ上のものができるという。画像検索するとグロ画像がたくさん出てくるので注意が必要だゾ。

※画像は『Twitter』より引用

カテゴリー : エンタメ タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP