ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1万人来場の廃ビル美術館「BCTION」、2日間だけのアンコール開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「BCTION」
取り壊しが決定した都心のビル1棟を美術館として再利用して開催されていた、ストリートアートの展示会「BCTION」が、予想以上の大反響を受けてアンコール開催されることが発表された。

開催日は9月27日(土)と28日(日)の2日間。両日とも13時から20時までの開催となっている。入場は無料だが、チケット販売サイト・Peatixから申し込みが必要。詳しい場所はその際に案内されるようになっている。

16日間で1万人

8月31日から9月15日まで開催されていた「BCTION」。

取り壊しが決定している東京・麹町のオフィスビルを舞台に、総勢50組以上の様々なジャンルのアーティストがビルの壁や床に自由に作品を描いたり、ライブパフォーマンスをしたりと、クリエイターが思い思いの芸術性を表現する場として大きな注目を集めていた。

期間中、TwitterやFacebookには会場で撮影した写真で溢れ返った。ハッシュタグ「#BCTION」で検索するとその盛り上がりがわかる。

16日間で来場したのはおよそ1万人。展示会終了前から開催期間延長の声が相次いでおり、今回のアンコール開催へと至った。

10月1日(水)には物件自体が引き渡されるため、今回のアンコール開催の機会を逃すと次の機会はなさそうだ。

引用元

1万人来場の廃ビル美術館「BCTION」、2日間だけのアンコール開催決定

関連記事

話題の廃ビル美術館「BCTION」写真をリミックス! 幻のインターネット階を創造
申し込み殺到! 廃ビルを美術館として再利用する展示会「BCTION」とは
Webでわかる「メディアアートの教科書」 多摩美・情報デザイン科が公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP