ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Nowランチャーのカスタマイズアプリ「XGELS」がv2.0.0にバージョンアップ、アプリドロワーにタブを追加可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Now ランチャーにカスタマイズ機能を提供する Xposed モジュール「Xposed GEL Settings(XGELS)」が v2.0.0 にバージョンアップされました。v2.0.0 で、アプリドロワーに独自のタブを追加することが可能になったほか(Premium 版のみ)、フォルダとステータスバーのバッジにも新機能が追加されました。目玉はアプリドロワーのタブ機能ですね。通常の Google Noe ランチャーにタブ機能はありませんが、XGELS で有効にすると上部にタブが表示されるようになり(端末を一度再起動する必要があります)、ユーザー独自の切り口でアプリをまとめることができます。アプリドロワーにタブ機能を追加、フォルダのアプリ管理機能を追加フォルダ画像の変更機能を追加ステータスバーの通知バッジの表示位置を変更可能ドロワー内で通知バッジを非表示にすることが可能ステータスバーの通知バッジ機能を完全に再構築ウィジェット/ショートカットを非表示にすることが可能アイコンパックの変更時にクラッシュする問題を修正「XGELS」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungがファッションブランド Diesel Black GoldとコラボしてGear S用のオリジナルリストバンドを作成、NYのファッションウィークでモデルが着用
ユニットコム、「ZTE Blade Vec 4G」と「IIJmio ミニマムスタートプラン」のセット商品を発売
OPPOが10月に新型スマートフォン「OPPO N3」を発表するという噂、ダイヤル式電話機のティザー画像を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP