体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャットストリートでモデルを撮影⇒即換金!? 体験型ファッションイベント『EN ROUTE THE SNAP UP』レポート [オタ女]

en_route_event_01

UNITED ARROWS(ユナイテッド・アローズ)の新ブランド『EN ROUTE』(アン・ルート)が、2014年9月6日の『VOGUE FASHION’S NIGHT OUT』に合わせて、参加型ファッションイベント『EN ROUTE THE SNAP UP』を原宿・表参道・青山エリアで敢行。2014秋冬コレクションに身を包んだモデルがストリートに繰り出し、その模様を『iPhone』で撮影する一般の参加者が取り囲む光景を随所で見ることができました。

en_route_event_02

モード感があり、洗練された印象を見る側に与える『EN ROUTE』。メンズ・レディースともシンプルでシックもしくはモノトーンなアイテムは、スポーツ用の機能性のある素材を使っているものもあり、街歩きを意識したものになっています。
『EN ROUTE』クリエイティブディレクター・沼田真親氏は「東京で楽しく暮らすために、一番おしゃればものを提供したい」といい、「これからの東京のライフスタイルを考えた時に、心と身体の健康な状態にあるということがこれまで以上に重要になってくる。そういった要素とファッションを共存させようというのが『EN ROUTE』のコンセプト」と説明。そのラインナップに自信を示します。

en_route_event_03

『EN ROUTE THE SNAP UP』では、事前にアプリをダウンロードした『iPhone』ユーザーが参加可能。アプリを立ち上げると、地図上にモデルがいる位置が示されます。これはiOS7より採用された近距離通信技術iBeacon(アイビーコン)を活用することによりリアルタイムでの表示を実現しており、近づくとアラートが鳴るギミックも。

今回のイベントを仕掛けたひとりでもある株式会社PARTY代表の伊藤直樹氏は「『EN ROUTE』はON THE WAY(道の上で)という意味で、都市を舞台にしたブランド。デジタルを使うことによっていろいろな人が見たり参加できるクラウドソーシングのファッションショーを道の上でやろう、ということになりました」とその挑戦的なイベントの意図を話し、「馴染みのない技術をフレッシュに体感してもらって、ブランドに共感してもらう機会になればいいですね」と、テクノロジーとファッションとの融合の可能性を示します。

en_route_event_04

モデルを見つけた参加者は、周りを取り囲んで『iPhone』を向けてパシャパシャ。撮影した画像は瞬時にアプリによって共有されます。

en_route_event_05

参加者によって撮られた画像は、神宮前キャットストリート沿いにあるDistrict UNITED ARROWSの中に設置されたビジョンで沼田氏が把握し、その場で購入作品を次々にチョイス。

en_route_event_06
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会