ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

mini kaoss pad 2にサンプラーが付いて“2S”へ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

kaoss padシリーズの手のひらサイズのエフェクター、mini kaoss pad、最新機種の“2”にサンプラー機能がプラスされた「mini kaoss pad 2S」がこのたび発表された。

小さいながらも、100種類のエフェクトをタッチ・パッドで、直感的にさまざまな効果を演出できるエフェクターとしての機能はもちろん、ここにさまざまな音を取り込み、トリガーできるサンプラー機能を搭載。「One Shot」「Gate」「Loop」の3種類のサンプルの再生方法を選択できるほか、再生速度の変更 (ピッチ・チェンジ)や、再生開始位置(キュー・ポイント)の設定も可能、さらにライン・インや内蔵マイクから入力した音をそのままサンプリングできるサンプル・レコーダーも搭載。

事前の仕込みはもちろんさまざまな「音」を取り込み、サンプル出力可能。まだ、オーディオ・プレイヤー的な機能も備えているので、この機材単体でトラックにエフェクトをかけたりなんてことができる模様。

kaoss padと言えばDJエフェクターとしてのルーツはあるものの、様々なアコースティック・ギターに対応した円形の直径100mm±3mm のサウンド・ホールに取り付けることができ、落下を防ぐフックや、ギターとの接触面についてはゴムでできているため、大事なギターを傷つける心配はなし! 例えばここに簡単なリズム・トラックを仕込んどいて……なんていうことを考えれば弾き語りにも便利に使えてしまうんではないでしょうか?

電池駆動、スピーカー内蔵でいつでもどこでもプレイ可能。オープンプライス(市場予想価格18,000円前後)。発売は9月中旬を予定。

・KORGの「mini kaoss pad 2S」の公式紹介ページ

http://www.korg.com/jp/products/dj/mini_kaoss_pad2s

KORG mini kaoss pad 2S (“S” for sampler)

http://youtu.be/90qXyvfP-to

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP