ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニークな株主優待を発見!「どーもくん」生みの親が自分だけのオリジナルキャラクターを制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫


配当金だけではなく、割引券や優待券、オリジナルグッズなど、その企業に関連する商品を提供する株主優待。近年ではオリジナリティあふれる株主優待制度がさまざま見受けられる。その中でも、広告制作会社の大手・TYOの株主優待制度はとてもユニークである。

写真:TYOの株主優待企画で制作されたオリジナルキャラクター

700人を超える応募者の中から当選した10名の株主に贈られたのはオリジナルキャラクター。それも、TYOが誇る世界的なキャラクター作家であり、NHKの「どーもくん」などを手掛けた合田経郎氏が、株主のために制作したものだ。

合田氏が「15年のキャラクター作家人生の中で1番難しかった」と語るほど考え抜き、それぞれの個性が光るキャラクターが生み出された。

勤続42年の会社を来年退職する夫の「企業戦士だった姿をキャラクター化して欲しい」という奥様の希望で作られたのは、恰幅の良いスーツ姿のキャラクター。『困った、困った』と言っている日常の表情がそのままキャラクターになったものや、1歳の記念に応募されたものなど、1人1人の希望を基に丁寧に作られている。

「生まれたばかりの子どものそばに、忙しくてなかなか居られない」という話を聞いて、“子どもが遊びたくなるキャラクター”を目指したものは思わず抱きしめたくなる可愛らしさだ。

株主にはオリジナルキャラクターのイラスト、画像データ、ぬいぐるみが贈られ、その後自由に使用することができるため、贈呈式で受け取った際には「年賀状に使いたい」などと言う株主もいたそうだ。

TYOの「オリジナリティに富んだ企画を通じて株主様により身近な企業でありたい」との想いから実現した今回の企画。もともとは上場市場変更記念の優待として1度きりの実施予定だったが、好評を受けて、今後も自社コンテンツを活用した株主優待の継続展開を予定している。

TYOホームページ 
http://group.tyo.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
大分空港のマスコット「ペンギン」カワイイけどアレに似てる!?
【NY最新レポ】 タイムズスクエアのニセ“着ぐるみ”集団 元気に活動中
【美人すぎるご当地キャラ】全国ワースト3のキャラから“アドバイス”求められる

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。