ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

時間制限アリ! 球体内の立体迷路でボールを操れ『電脳迷路ゲーム A~!!』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

電脳迷路ゲーム A~!!


タカラトミーは、球体型の立体迷路ゲーム『電脳迷路ゲーム A~!!(あ~)』を、7月16日から発売します。透明な球体のなかに複雑に組まれた立体レールからメタルボールを落とすことなく操り、順路に沿って進めて制限時間内にゴールさせるゲームです。希望小売価格は3675円(税込み)。

『電脳迷路ゲーム A~!!』は、2002年に発売された同ゲームのリニューアルバージョン。商品名の“A~!!”は、ボールを落下させてしまったときについ発してしまう「あ~!!」という落胆の声が元になっています。

立体迷路には、Uターン、ヘアピンカーブ、スパイラル、ゴンドラ、綱渡りなどいろいろなシーンがあり、表も裏も通路になっているど、3次元ならではのコース設定も。細い道やガイドのない道はテクニックが必要で緊張も高まります。球体を手で持ち直し、視点を変えながらプレイでき、技術的にも視覚的にも楽しめるゲームです。

コースは、難易度ごとに3コース(レベル1~3)あり、迷路に刻印されている番号順にボールを進めて制限時間内にゴールするとクリア。レベル1では、1~25番までを60秒以内に、レベル2では26~58番、レベル3では59~100番をそれぞれ120秒以内にゴールするとクリアです。クリアに必要とした時間によって、違った音と光の演出があります。また、3コース続けて一度もボールを落とさず、制限時間内に完全制覇する『コンプリートチャレンジ』という最強の遊び方もあります。クリアしたときには、激しいサウンドが鳴り響き、光の演出で祝福されます。

ゲーム中は、ハラハラドキドキするサウンドが流れます。不規則にリズムの速度を変えることでプレイヤーの集中力を乱し、制限時間10秒前からは速いリズムで焦燥感をあおります。子どもから大人まで、幅広い世代で遊べるシンプルで中毒性の高いゲーム、本体サイズはW190×H175×D205mm、対象年齢は6歳以上です。
 
(c) TOMY
 
 

■関連記事
子どもたちに人気の“チリメンモンスター”がフィギュアになった!『めざせ!チリモンハンター』
身近なモノを再発見! 光学180倍レンズ付き高機能USBデジタル顕微鏡『aigo GE-5』
世界初!? “冷蔵庫保管型”のおしゃべりガジェット『Fridgeezoo』登場

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。