ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、5.2インチフルHDの有機ELディスプレイを搭載した新フラッグシップ『The New Moto X』を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Motorola Mobilityは9月4日、同社の新しいフラッグシップスマートフォンとなる『The New Moto X』を発表しました。正式名称は前作と同じ『Moto X』なのですが、公式サイトには旧型と区別するために『Moto X(2nd Gen)』と表記されています。この記事では、「新型『Moto X』」と呼ぶことにします。

新型『Moto X』は、旧型のデザインを継承しつつも本体周囲のフレームを金属素材に変更して高級さを出しています。ディスプレーは 4.7 インチ HD から 5.2 インチフルHD に拡大。筐体サイズも横幅 72.4mm に拡大しましたが、超絶ラウンドフォルムの背面は、左右端部の厚みが3.8mm(最厚部9.9mm)にまで薄くなったことで手へのフィット感を高めています。

『Moto X』は、公式サイト『MotoMaker』で主に外装をカスタマイズできるのが特徴です。新型『Moto X』でもそれは継続しており、新型『Moto X』では標準タイプや木製に加え、新たにレザーも選択可能になったほか、背面のMotorolaロゴもアクセントカラーとしてカスタマイズできるようになりました。発表の段階では、バックカバーは全25種類から選択できるそうです。


背面の構造で興味深いのがリアカメラ周囲の透明素材です。レンズ周囲に透明素材が備えられており、レンズ両サイドのLEDにより発光時にはリング状に光ります。カメラ機能では、4K 動画の撮影機能、シャッターボタンを押す前後に数枚の写真を撮影し、顔の表情などでベストな1枚を選定する「Best Shot」、1日に撮影した写真と動画を1本のムービーにする「Highlight Reel」などの新機能を搭載しました。

ソフトウェア・機能面。OS は旧型と同様にほぼ素の Android 4.4.4 (KitKat)を搭載していますが、本体を2回ひねるだけでカメラが起動するジェスチャー機能や、どの画面からでも音声で『Google Now』を呼び出せる「タッチレスコントロール」、スリープ中に通知を受信すると画面上に表示する「アクティブディスプレー」、デスクトップ版Chromeと連携する「Moto Connect」などの機能を搭載しています。

新型『Moto X』では、ユーザーの好きなフレーズで『Google Now』を呼び出せるようになったほか、「Take a selfie」でフロントカメラを起動、「Good morning」でサイレントモードを停止できるなど、音声で実行できることも増えました。さらに、アクティブディスプレーでは、スリープ中の着信画面に手をかざすと応答できるようになりました。

『Moto X』の基本スペックは、5.2インチ1920×1080 ピクセル(423ppi)のOLEDディスプレー(ゴリラガラス 3 搭載)、『Snapdragon 801 MSM8974ac』2.5GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB / 32GB ROM、1300 万画素リアカメラ(F2.25)、前面に200万画素(フルHD対応)、2300mAh バッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、GPS / GLONASSに対応。筐体サイズは 140.8 x 72.4 x 9.97mm、質量は 144g。

新型『Moto X』の基本モデルは16GBストレージのブラックとホワイトカラー。新型『Moto X』の発売スケジュールは北米、南米、欧州、アジアの国で今月下旬に発売。価格はは米国のキャリアで$99~、SIMロックフリー版は $499 ~です。
Source : MotorolaThe Verge


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3(D6603) 23.0.A.2.9ビルドのプリインストールアプリや着信音・壁紙などを含むシステムダンプが流出
Motorola、円型ディスプレイのAndroid Wearスマートウォッチ「Moto 360」を正式発表、米国で6日正午より発売、価格は$249~
Motorola、フロントステレオスピーカーを搭載した5インチ低価格スマートフォン「The New Moto G」を発表、価格は$179~で本日発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP