ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『iPad』が書道セットに!『Twitter』に肉筆投稿もできるアプリ『i書道 for iPad』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

i書道 for iPad


ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、『iPad』向け書道アプリ『i書道 for iPad(iShodo for iPad)』を7月1日より発売します。『iPad』が本格的な“書道セット”に早変わり。作品は『Twitter』に投稿したり、ユーザーギャラリーに展示して閲覧することもできます。

『i書道 for iPad』は、毛筆のリアルな表現を目指した書道アプリ『i書道』の『iPad』版。『iPhone/iPod touch』版の操作性はそのままに、『iPad』の大画面に対応しています。今回、新たに描画エンジンを改良したことによりさらなる高速化を実現。よりリアルでスムーズな書き味になっています。

i書道 for iPad

画面上の半紙に指で書いていくと次第に墨が薄くなるので、濃くしたい時は“硯(すずり)”をこすり、薄くしたいときは“水差し”をタップ。書きはじめはまとまっている筆先は、書き進めるにしたがってぼさぼさした感じになるなど、ホンモノに近い書き味を忠実に再現するほか、トメ・ハネ・ハライなど、毛筆ならではのクセもリアルに表現します。

i書道 for iPad

縦画面モードでは半紙を大きく使うことができ、右端をタップして筆の色替え、濃淡の調節ができる硯と水差しが出現。左端をタップすると筆の太さを変更できます。また、横画面モードではこれらの機能は常に画面上に表示、スムーズな操作ができます。

筆の太さは「通常」「小筆」「大筆」の3種類から選択。墨汁は黒と朱色の2色がありますので、作品を誰かに見せて朱色で添削してもらうなんてことも可能です。気に入った作品は『iPad』上のフォトライブラリに保存したり、『Twitter』に画像として投稿したり、『ユーザーギャラリー』にアップして閲覧したりと、いろんな楽しみ方ができます。対応言語は日本語と英語。海外の人は意外と書道に興味シンシンですから、英語版もウケそうですね。『App Store』での販売価格は800円($6.99、税込み)です。
 
 

■関連記事
『つみネコ』の『iPad』版登場! ネコを積み上げて遊ぼう『リアルつみネコ for iPad』
日本語に勝負! 読売新聞の人気コンテンツ『校閲道場』が『iPhone』アプリに登場
スタンド機能付き! 『iPad』を手帳のように持ち歩ける本革製レザーケース

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。