ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新作ゲーム『Destiny』の世界をGoogleストリートビュー風に見られるサービス開始!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月11日に『PlayStation 3』と『PlayStation 4』で発売されるFPS『Destiny(ディスティニー)』の世界を『Googleストリートビュー』風に見てまわることができるサービスが開始した。

このサービスはGoogleの技術を使った物で、下記URLより『Chrome』でアクセスすると各惑星を『ストリートビュー』のように自由に見てまわることができる。

見ることができるのはMars(火星)、Venus(金星)、Moon(月)の3惑星。最初のオープニングが終わると惑星の選択が可能になるので、好きなところを探索しよう。一度その惑星に下りても自由にほかの惑星に移動可能となっている。

操作方法は本家『Googleストリートビュー』と同じである。

惑星には写真や動画が隠されており、それを見つけると惑星の左の数字が増えていく。全部で何個あるかもわかるので左下のミニマップを見ながら探してみよう。ちなみにVenus(金星)の場合は全部で26個隠されているぞ。

『Destiny』はバンジー開発のFPS。先日公開された体験版で既に遊んでいるユーザーも多いはず。筆者も遊んでみたがなかなかの手応えだった。そんな『Destiny』は9月11日に発売予定である。

『Destiny』ストリートビュー(Chrome用)
https://www.destinyplanetview.com/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP