ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お団子の代わりに? 十五夜には月見バーガーをつくってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

十五夜の月は「中秋の名月」と呼ばれ、空気が澄んだ空に浮かぶ一年で最も美しい月といわれている。そもそも、旧暦の8月15日にあたる日に見られる月ということで十五夜と呼ばれるようになったのだが、今年の十五夜は9月8日になる。

ところでこの十五夜には、月が見える縁側や窓際にだんごをお供えするというのがオーソドックスなスタイルだが、今年はちょっと趣向を変えて月見バーガーをつくってみるというのはいかがだろうか。ファストフード店で食べたことのある人が多いと思うが、自宅でつくりたいという人のために、クックパッドからいろんな月見バーガーをピックアップしてみた。

●自宅で簡単 月見チーズバーガー
レタスを多めにしてシャキシャキの食感に。

<材料>
牛豚合挽肉100g、玉ねぎ4分の1個、レタス2枚、卵3個、バンズ2個、ケチャップ適量、マヨネーズ適量、塩・コショウ適量、ナツメグ適量、とろけるチーズ2枚

1)挽肉と卵1個、玉ねぎのみじん切り、塩・コショウ、ナツメグを混ぜます。
2)薄くのばしたものをフライパンで焼きます。
3)バンズにチーズを乗せて、10秒ほどレンジでチンします。
4)バンズにレタスを敷き、焼いたハンバーグを乗せます。
5)マヨネーズ、ケチャップを好きなだけかけましょう。
6)目玉焼きを焼いて乗せます。

●スパム ライスバーガー
スパムおにぎりに目玉焼きをプラスしてボリュームアップ。

<材料>
ご飯適量、レタス1枚、目玉焼き卵1個分、スパム1枚、塩・ブラックペッパー適量、海苔1/2枚

1)目玉焼きとスパムを焼きます。
2)ラップの上に海苔を置き、温かいご飯をのせます。
3)レタス・スパム・目玉焼き・塩・ブラックペッパー・レタスの順でのせます。
4)パタンとたたんでラップごと包み、軽く握れば完成!

●せんべいでライスバーガー風 野菜月見
バンズの代わりに軽めのせんべいで挟んで。

<材料>
お子様せんべい2枚、卵1個、ほうれん草適量、人参適量、スライスチーズ1/2枚、サラダ菜1枚、マヨネーズ適量、粒マスタード適量、塩・コショウ適量、サラダ油適量

1)ほうれん草はゆでて水けをしぼり2㎝に切る。人参は千切りにする。
2)フライパンに油を熱し、ほうれん草をドーナツ状に入れ、その横に人参を入れる。
3)ほうれん草の真ん中に卵を割り入れ軽く塩コショウし、底が固まったら人参の上にひっくりかえし、よく焼く。
4)お子様せんべいにチーズを乗せマヨネーズ・粒マスタードを塗る。
5)その上にサラダ菜・野菜目玉焼きをのせ、もう1枚のお子様せんべいではさんで完成!

どれもつくってみたくなる、手軽でおいしそうなレシピばかり。お月見の時期はもちろん、休日のランチにもいいかもしれない。

●自宅で簡単 月見チーズバーガー http://cookpad.com/recipe/2007167
●スパム ライスバーガー http://cookpad.com/recipe/2046071
●せんべいでライスバーガー風 野菜月見 http://cookpad.com/recipe/1657667
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/09/04/68775/

【住まいに関する関連記事】夏バテ防止にも効果的! クエン酸を使ったさっぱりおいしいレシピ
さらばレバ刺し! その味わいを忘れないためのご家庭レシピ集
“奇跡のフルーツ”アサイーを使ったレシピで、身体をチャージ!
日清焼チキンの登場を記念し、目からうろこの個性派レシピをご紹介
夏を乗り切る効能が満載。山椒を使った夏バテ防止レシピ集

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP