ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『iPhone』をボジョレー・ヌーヴォー風にしても違和感ない! 「昨年を上回るでき」「革新的なバージョンアップ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

毎年秋に発表、リリースされるiPhoneだが、今年は『iPhone 6』が発表されると予想されている。それとは別に5.5インチの『iPhone Air』も発表されると予想されており、2機種展開を行うようだ。

そんな毎年発売される『iPhone』をボジョレー・ヌーヴォー風なキャッチコピーを付けてみたらどうなるだろうか? 試しに過去のスペックを探りつつつけてみたところ次のようになった。

初代 革新的な電話をリリース
iPhone3G … より革新的な電話でグローバル展開。
iPhone3GS … より速く使いやすく、そしてユーザーの要望をとりいれた。もちろん前回より優れている
iPhone4 … 今までのiPhoneとは異なるデザイン。今までのどのiPhoneよりも優れた革新的なバージョン
iPhone4s … iPhone史上最も優れている
iPhone5 … 画面の大きさが大きくなりiPhone4sを上回るでき
iPhone5s … iPhone5より薄くなり高速になったCPUで全てが優れている
iPhone6 … iPhone5sより劣っている部分が無く全てが優れている最高のiPhone

ざっとこんなものである。もっと分かりやすいのが毎年同じく発表されるプロセッサーの性能である。A4からA5の際は「計算能力が最高2倍、グラフィック性能が最高7倍」と発表。A5からA6へも2倍速くなったと発表している。その後のA6からA7も2倍高速になったと発表している。
おそらく今回のA8も同様の発表が行われるだろう。
いつかボジョレー・ヌーヴォー同様に「不作の年」と言われる年が来るのかも?

『iPhone 6』の本体映像が流出!? 5.5インチは『iPhone 6』ではなく『iPhone Air』?
http://getnews.jp/archives/657934

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP