ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進化する出会い系アプリ!DNAを基にした科学的なアプローチ「Singld Out」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内、海外合わせて男女のマッチングアプリはかなりの数のものがある。特にアメリカでは、結婚したカップルの3組の1組がオンラインでの出会いがきっかけというような統計もあり、この分野は激戦区といえる。

そんな数多くのサービスが参入しているこのマッチング系の分野で、今までとは一味違ったアプローチから話題を集めているサービスがある。

それが「Singld Out」という忙しいプロフェッショナルを主なターゲットとした、より効率的に自分と相性の良い相手を見つける事ができるマッチングサービスだ。まずターゲットに合わせて、多くのサービスと違い、登録にLinkedInのアカウントが必要になる。

そして最大の特徴は、”DNA”に着目している点。これまでのマッチングアプリといえば、写真が1つの鍵となっていた。もちろんテキストだけよりも、写真をみることで相手の印象などかなりの情報が得られる。

ただ、「Singld Out」ではここから更に科学的な方法を加える事で、マッチングの精度を向上させることに取り組んでいる。

具体的には、登録後、郵便でDNAテストキットが送られ、複数のテストを行う。その結果から、その人の遺伝子や心理データを基に相性の良さそうな相手とマッチングされるのだ。

今までとは違った、より進化したマッチングアプリともいえる「Singld Out」。実際にどのくらいの確率で本当に相性の良い相手とマッチングされるのか、非常に気になるサービスだ。

Singld Out

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP