ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版IFTTTでEye-Fiチャンネルが利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タスク自動化アプリとして有名な「IFTTT」の Android 版に、Wi-Fiを内蔵した SD カード「Eye-Fi」の専用チャンネルが追加されました。Eye-Fi チャンネルは、Eye-Fi Mobi に記録された画像・動画をクラウドにアップロード・同期できるクラウドサービス「Eye-Fi クラウド」の機能を利用したものです。IFTTT では、Eye-Fi クラウドにアップロードまたはタグ付けするトリガーと、公開 URL を元に他のサービスと追加・共有するアクションが現在提供されています。例えば、Eye-Fi クラウドにアップロードされた写真を Facebook / Evernote / Dropbox などに追加することや、Instagram に投稿した画像を Eye-Fi クラウドに追加すること、Eye-Fi クラウドにアップロードされた写真をGmailで友人にシェアするといったレシピを作成できます。「IFTTT」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS初のスマートウォッチは「ZenWatch」、新たなティザー動画で製品名が公開
「チケット流通センター」の買い手用 公式Androidアプリがリリース
Samsung、64bitプロセッサを搭載した「SM-G530F」を開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP