体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原作者・角田光代「私にはこんな話は書けません(笑)」 吉田大八監督の最新作『紙の月』完成報告会見レポート

『紙の月』会見

昨年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した映画『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が手掛ける待望の最新作『紙の月』が、11月15日(土)より公開となります。原作は、2011年に映画化された『八日目の蝉』をはじめ、女性を中心に抜群の信頼性と人気を誇る直木賞作家、角田光代さんによる長編小説。ご存知の通り、映画『八日目の蝉』も2012年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞しており、まさに最強タッグの実現と言えます。21日、都内で映画『紙の月』の完成報告会見が開かれ、吉田大八監督と角田光代さんに加え、豪華女性キャスト陣の宮沢りえさん、小林聡美さん、大島優子さんが登場しました。

物語は、バブル崩壊直後の1994年。銀行の契約社員として外回りの仕事をしている梅澤梨花(宮沢りえ)が、年下の大学生・光太(池松壮亮)と出会い、彼と過ごすうちに、顧客の預金に手をつけはじめ、ついには巨額の横領に手を染めて堕ちていくさまを描いた作品です。主演の宮沢りえさんは、『オリヲン座への招待状』以来、7年ぶりの主演映画とあって、公開前から大きな話題を集めています。さらに、小林聡美さん、大島優子さんそれぞれが演じる同僚の銀行員役は、今回の映画版オリジナルのキャラクターであり、原作ファンからも注目の役柄となっています。

宮沢りえ

宮沢りえ(以下、宮沢):7年ぶりの主演ということに驚いています。7年の間に沸々とためておいたものを本当に出し切ったという感じがあります。今までにやったことのない役で戸惑いもありましたが、監督のリードによって梨花という役の輪郭が徐々にはっきりしていく撮影現場は、もちろん楽しいだけではなかったですが、すごく濃密な時間になりました。

小林聡美

小林聡美(以下、小林):宮沢さんと私、2人ともキャリアは相当なところまで来てしまったんですが、実は初共演なんです。素敵なスタッフ・キャストの方と一緒に、刺激や緊張感もありながら、とても楽しい撮影でした。

大島優子

大島優子(以下、大島):先輩方のお芝居を間近で見て、空気感や芝居への取り組み方、姿勢などを勉強させていただきました。みなさんに感化されながら、繊細に、常に緊張感を持ってお芝居させていただきました。今回は、監督に相川というオリジナルキャラクターを作っていただき、そしてキャスティングしていただいたことを、とてもうれしく思っています。宮沢さん演じる梨花とどう関わっていくか楽しみにしていてください。

角田光代

角田光代(以下、角田):私は映画に関しては特に何もしていませんので、本日この場にいるのが申し訳ないです(笑)。素晴らしい映画にしていただいて、きっと私がいちばんうれしいと思います。ぜひ、みなさんご覧になってください。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。