ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インターネットのすべてがわかる 全15巻「角川インターネット講座」発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットのすべてがわかる画期的シリーズ『角川インターネット講座』が全15巻で10月25日(土)から刊行されることが決まった。株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴが経営統合し、株式会社KADOKAWA・DOWANGOになることを記念しての企画だという。

各巻を監修するのは、現株式会社ドワンゴの代表取締役会長で、10月より株式会社KADOKAWA・DOWANGOの代表取締役会長に就任予定の川上量生さん、“日本のインターネットの父”と呼ばれている村井純さんなど、インターネットの中心的存在である面々だ。

インターネットのエッセンスを15巻に

『角川インターネット講座』は、角川アスキー総合研究所を中心に、同研究所の主席研究員や業界を牽引してきた技術者、経営者、論客が監修するシリーズ。

全15巻のセット価格は40,500円(税込)、まず10月25日(土)に3巻同時発売され、その後は11月より毎月25日に定期刊行が開始される予定となっている。

内容は、生活のあらゆる部分にまでインターネットが浸透し、もはや全体像がつかめなくなっている現在、改めてインターネットとは何なのかを解説するものとなる。

テーマごとに1巻ずつ分かれており、「インターネットの基礎」や「開かれる国家」、「ネットで進化する人類」など広大な範囲を扱う。

各巻の監修者・タイトル発表

第1巻 インターネットの基礎

情報革命を支えるインフラストラクチャー

著者:村井純 慶應義塾大学環境情報学部長・教授

発売日:2014年10月25日

第2巻 ネットを支えるオープンソース

ソフトウェアの進化

監修:まつもとゆきひろ プログラマー、Ruby開発者、角川アスキー総研主席研究員

発売時期:2014年11月刊行予定

第3巻 デジタル時代の知識創造

変容する著作権

監修:長尾真 元京都大学総長、前国立国会図書館館長

発売時期:2015年1月刊行予定

第4巻 ネットが生んだ文化(カルチャー)

誰もが表現者の時代

監修:川上量生 株式会社ドワンゴ会長、角川アスキー総研主席研究員

発売日:2014年10月25日

第5巻 コミュニケーションとコミュニティ

WEB2.0からSNSへ

監修:近藤淳也 株式会社はてな会長

発売時期:2015年8月刊行予定

第6巻 ユーザーがつくる知のかたち

集合知の深化

監修:西垣通 東京経済大学教授、東京大学名誉教授

発売時期:2015年3月刊行予定

第7巻 ビッグデータを開拓せよ

解析が生む新しい価値

監修:坂内正夫 情報通信研究機構理事長

発売時期:2015年9月刊行予定

第8巻 検索の新地平

集める、探す、見つける、眺める

監修:高野明彦 国立情報学研究所教授

発売時期:2015年5月刊行予定

第9巻 ヒューマン・コマース

グローバル化するビジネスと消費者

監修:三木谷浩史 楽天株式会社会長兼社長、新経済連盟代表理事

発売日:2014年10月25日

第10巻 第三の産業革命

経済と労働の変化

監修:山形浩生 評論家、翻訳家

発売時期:2015年2月刊行予定

第11巻 進化するプラットフォーム

グーグル・アップル・アマゾンを超えて

監修:出井伸之 クオンタムリープ株式会社CEO、元ソニー株式会社会長

発売時期:2015年7月刊行予定

第12巻 開かれる国家

境界なき時代の法と政治

監修:東浩紀 思想家、ゲンロン代表

発売時期:2015年6月刊行予定

第13巻 仮想戦争の終わり

サイバー戦争とセキュリティ

監修:土屋大洋 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授

発売時期:2014年12月刊行予定

第14巻 コンピューターがネットと出会ったら

モノとモノがつながりあう世界へ

監修:坂村健 東京大学大学院情報学環教授

発売時期:2015年4月刊行予定

第15巻 ネットで進化する人類

ビフォア/アフター・インターネット

監修:伊藤穰一 MITメディアラボ所長、角川アスキー総研主席研究員

発売時期:2015年10月刊行予定

インターネットの背景にある技術や業界構造、そこにいたる歩みをはじめて解説!

この『角川インターネット講座』の構想自体は、事前に発表されていた。

角川アスキー総合研究所の主席研究員兼取締役の遠藤諭さんも、インタビューにおいてその並々ならぬ思いを語っている。

これは角川社長の発案であるわけですが、ネットがこれだけ我々の生活や社会に浸透したにもかかわらず、なかなか基本的なところをバランスよく学ぶ機会がないわけです。日々のニュースに追われている人は多いけれど、その背景にある技術や業界構造、そこにいたる歩みや主要プレイヤーのビジネスモデルというものを教えてくれるところがありませんからね。

「今の時代、F1、F2は古い。日本人はコンテンツで斬れる」角川アスキー総研・遠藤諭さん

本だけではなく、リアルの「講座」も予定。

書籍を購入すると、150名限定で「角川インターネット・リアル講座」の受講招待券がプレゼントされる。抽選に外れた場合も、購入した巻に対応する「角川インターネット・リアル講座」の動画特別編成版がネット視聴可能だ。

※追記(8月22日):一部誤表記を修正いたしました。読者の皆様および関係各位にお詫び申し上げると共に、慎んで訂正いたします。

引用元

インターネットのすべてがわかる 全15巻「角川インターネット講座」発表

関連記事

KADOKAWA・ドワンゴ両社の株価がうなぎ上り 世界進出への期待
ドワンゴ会長の川上量生、「エヴァ」製作の株式会社カラー取締役に就任
『ヱヴァンゲリヲンのすべて』刊行が決定! 栗山千明、東浩紀、さやわか、斎藤環らが参加

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP