ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1つのレンズでほぼ全天球が撮影できるカメラ「360fly」、今秋発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くの人がビデオ撮影を楽しんでいることだろう。そして、より迫力のあるシーンを撮影したり、ワイドアングルで撮影したりできるのが、いわゆるアクションカメラ。代表的なものにGoProなどがある。

そして今秋、ほぼ天球が撮れる「360fly」が発売される見込みだ。開発したスタートアップはこのほど約1800万ドルを調達、発売開始へ着々と準備を進めている。

360flyはレンズの真下をのぞいた、水平方向360度、縦方向240度をカバーする。ヘルメットにつけたり、テーブルの真ん中などに設置したりして撮影すると、カメラがとらえた映像を専用アプリで再生させながら、見たい部分の閲覧が可能になる。

360flyの特徴は、レンズ1つでそうした広範囲の映像をとらえていること。全天球が撮れるガジェットは他に出ているが、それらは複数のレンズを使っていて、それぞれのカメラがとらえた映像をつなぎあわせている。つまり、360flyの方がシンプルな操作で、素早く映像を楽しめるというわけだ。

また、360flyはテニスボールほどの大きさで、重さもわずか120グラムと持ち運びも容易。防水性なのでサーフィンやラフティングなどのウォータースポーツにも使える。スポーツカメラとしてだけでなく、普通にパーティーのテーブルに置いてテーブルを囲む人みんなを撮影する、というのもありだろう。

このカメラの技術はもともと、米カーネギーメロン大学のロボット工学を専門とする研究者らが開発した。初期の技術は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のアポロ計画にも活用されたという。

なので、かなりのハイテクカメラであることはお墨付き。その先端技術を一般消費者も楽しめるようになるというわけだ。

価格は499ドルを予定している。興味のある人はサイトでメールを登録すると、発売情報をいち早く知らせてもらえるようだ。

360fly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP