ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リドリー・スコット監督が“モーゼ10の奇跡”を描く 映画『エクソダス:神と王』特報解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『グラディエーター』でアカデミー賞作品賞に輝き、その後も『ハンニバル』『ブラックホーク・ダウン』『プロメテウス』『悪の法則』など、話題作を次々と世に送り続けている巨匠リドリー・スコット監督。その最新作であり、早くも今年度のアカデミー賞有力候補との呼び声が高い超大作『エクソダス:神と王』が、2015年1月に公開となります。本日、初の映像解禁となる特報が公開されました。

映画「エクソダス:神と王」特報(YouTube)
http://youtu.be/cqjveNpyUtE

舞台は紀元前1300年、栄華を誇った最強の王国エジプト。その王家で養子として育てられたモーゼは、数奇な運命に操られ、兄弟同然に育てられたエジプト王のラムセスに反旗を翻します。そして、たった1人で40万人のヘブライの民を救うため、“約束の地”を求める長い旅を始めるのです。『プロメテウス』で科学的根拠を元に“人類の起源”に迫ったスコット監督が、最新作では、旧約聖書の『出エジプト記』で語られるあまりにも有名な“モーゼの奇跡”の数々を、最新のVFXと3D技術を駆使し、リアリティあふれる壮大なスケールで描きます。


スコット監督が「予告編で見られる映像は氷山の一角にしか過ぎないという」と語る映像では、広大な砂漠を舞台にした強大なエジプト軍との熾烈(しれつ)なバトルアクション、エジプト全土を襲う巨大規模の災い、紅海の海割れなどが、わずか1分半のなかで迫力いっぱいに描かれます。

ポスタービジュアルで対峙(たいじ)する英雄モーゼと狂気の王ラムセス。モーゼには、『ザ・ファイター』でアカデミー助演男優賞に輝き、『ダークナイト』シリーズなどでもおなじみの実力派俳優、クリスチャン・ベール。ラムセスには『ゼロ・ダーク・サーティ』『華麗なるギャッビー』で注目のジョエル・エドガートンがそれぞれキャスティングされています。さらに脇を固めるのは、ベン・キングズレー、アーロン・ポール、シガーニー・ウィーバー、ジョン・タトゥーロなどの豪華俳優陣。

スコット監督が、「ストーリーや登場人物の目線から作品と向き合いながら、モーゼという歴史上の人物にデリケートかつ深く踏み込みつつ、(自身の監督作として)過去最大の予算を投じた」と語る本作。旧約聖書の『出エジプト記』に基づく映画作品と言えば、過去にはセシル・B・デミル監督、チャールトン・ヘストン主演の名作『十戒』があまりにも有名です。映画ファンでなくとも、海が両側に割れ、その中を進むモーゼの姿が描かれたクライマックスシーンを観たことがある人は多いでしょう。本日解禁となった特報映像から、今回の『エクソダス:神と王』では、その歴史に残る名シーンを超えるような展開を期待せざるを得ません。

『エクソダス:神と王』公式サイト:
http://www.foxmovies-jp.com/exodus/[リンク]

(c) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP