体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「立体王への道」・・・3D動画で子供と一緒に写りた~い! 3D ソフト 編集・再生編(26)

ダウンロード

機材は整った だが問題は山積している

3Dテレビと3Dビデオカメラは整いました。

ただ、3Dビデオを作る上に於いて、よくよく考えなければならない問題があります。

例えばブルーレイやDVDにオーサリングする場合、どういった形式で保存・再生するか、という問題です。

※AVCHD 3D

images (2)

現在、最新の3Dビデオ動画のフォーマットです。HDR-TD20Vもこちらの録画方法で通常撮影されます。

画像劣化をする事無しに、フルハイビジョンの解像度のまま、再生を行う事が出来ます。

キャプチャ

「だったらこれでいいじゃん」…と仰る方も多いかと思います。

但し、これには重大な問題が有り、「この方式に対応しているブルーレイレコーダーでないと再生が出来ない」という問題です。

わが家のブルーレイレコーダーは、この規格が出来る前に購入した古いものなので、AVCHD 3Dでオーサリングしたディスクは、実質再生出来ない、という事になります。

これでは困りもの。

※サイドバイサイド動画

ずばり、この様な動画形式で保存、再生するものです。

この再生形式で保存したブルーレイやDVDメディアは、旧来の古いブルーレイプレーヤーでも再生可能です。

3DTVで再生すると、TVの方が自動的に動画を3Dと判断して再生してくれます。

「だったらこれでいいじゃん」…と仰る方も多いかと思います。

但し、これには重大な問題が有り、「ハイビジョンの動画を左右に分割してオーサリングする為、動画の縦の解像度が半分になってしまう」という事です。

要は、サイドバイサイド動画形式でオーサリングした動画を3DTVで再生すると、フルハイビジョンではない、所謂、多少眠い(ぼやっとした)動画になってしまう事が否めません。

ブルーレイプレーヤーの問題は、どうすればよいのでしょう。教えて物欲の神様~!!

sャ
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy