体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

向井理は理想の弟! 映画『小野寺の弟・小野寺の姉』完成披露舞台挨拶レポート [オタ女]

TOP

向井理さんと片桐はいりさんがほんわかとした姉弟役を演じる、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』が10月25日より新宿ピカデリーほかにて全国公開。TVをスタートに映画化にもなった『怪物くん』『妖怪人間ベム』、アニメ『TIGER & BUNNY』など大ヒット作の脚本を務め、2012年には「日経エンタテインメント!」にて“ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2012”の準グランプリを受賞、原作小説『小野寺の弟・小野寺の姉』の著者でもある脚本家・西田征史氏の待望の初監督作品です。

向井理さんと片桐はいりさんが演じる“一見似ていなさそうだけれど、なんだか似ている”姉弟の恋と人生の行方を描いた本作。共演には山本美月さん、及川光博さん、ムロツヨシさん、寿美菜子さん、麻生久美子さん、大森南朋さんと豪華キャストが結集! 2人を巡る少しせつなく、でもとびきり温かくてコミカルな物語が完成しました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください
http://otajo.jp/41276[リンク]

2

そして10月の公開を前に、完成披露特別上映会を開催。主人公・小野寺姉弟を演じる向井理さん、片桐はいりさん、そして小野寺姉弟の恋と人生を動き出させるキーパーソンの山本美月さん、及川光博さん、さらに西田征史監督が登壇し、仲の良い撮影現場を感じさせるわきあいあいとした雰囲気で会場を沸かせました。

1

向井理(以下、向井):『小野寺の弟・小野寺の姉』という長いんだか短いんだかわからないタイトルの映画ですがすごく不思議な映画で、なにかありそうで何もなさそうな……何もなさそうでけっこういろんなことが起こりうる作品です。撮影中も日々不思議な感覚の中撮影していて、あっという間に撮影が終わってしまいました。

4

片桐はいり(以下、片桐):監督と向井さんと会ったのが6年くらい前で、そのときからこんなことできたらいいねぇ、と話して、苦節5年。
いろんな気持ちのすれ違い、思いやりなど、そういう“気持ちのサスペンス”を楽しんでください。

向井:僕コメディって聞いてオファーされたんですけど。サスペンスだって今初めて知りました(笑)。

7

山本美月(以下、山本):普段(ファッション雑誌)CanCamでモデルをやっているんですが、こういったゆるふわな格好をすることがなかなかないので、嬉しかったです。コミカルで面白い2人に支えられながら、楽しみながら作品に参加できました。
絵本のような可愛らしい世界観なので、リラックスして楽しんでいただけたらと思います。

5

及川光博(以下、及川):普段もはいりさんと向井くんはツッコミあってボケあって、姉弟のように仲が良い。スクリーンの中でそれが溢れでている作品になっています。そして今ノリにのっている監督です。僕も監督の幸運の波に乗ってみたいなぁ、と思っています。
“ささやかな日常風景を描きつつも心の中はいつもアドベンチャー”! 「小野寺見た!?」そんな会話がこの秋、日本中を覆い尽くすのではないかと思っています。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。