ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衝撃の実話を映画化した『NY心霊捜査官』キャスト・監督の意味深発言に注目[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『エミリー・ローズ』『フッテージ』などのホラー映画を手掛けたスコット・デリクソン監督と、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマーがタッグを組んだ映画『NY心霊捜査官』。9月20日の公開を前に本編の一部と、スコット・デリクソン監督、主演のエリック・バナらキャスト陣のコメントを交えた映像が到着しました。

『NY心霊捜査官』は、実在する元ニューヨーク市警の巡査部長、ラルフ・サーキ氏の体験した実話を映画化したもの。筆者も試写会でいち早く映画を観ましたが、次々と起こる衝撃の出来事に「これ実話なんだよな……」と絶句してしまいました。怖すぎる!

殺人事件や幼児虐待事件が発生した時、犯人が人間ならば逮捕して然るべき罰を受けるのが当然ですが、犯人が人間では無かったら? 存在しないはずの恐ろしき力だとしたら? 私たちは一体どうすれば良いのでしょう。

今回公開された動画は、本編映像の一部を交えながら、スコット・デリクソン監督、主演のエリック・バナらキャスト陣、そして原作のラルフ・サーキ氏のコメントを綴ったもの。「監督は本当の記録映像を持っている」「動くはずの無い物が動いたり、自分でも怖くなる事がある」といった意味深な言葉が次々と飛び出します。

プロデューサーを務めたジェリー・ブラッカイマーは、数々のヒット映画を生み出してきた他、『CSI:科学捜査班』『CSI:マイアミ』など、骨太のドラマを制作してきた刑事物の名手。本作でも実際の事件現場に一緒に訪れている様な緊迫感、リアルな描写を楽しむ事が出来ます。複雑に絡んでいく謎は、ホラー好きのみならず、ミステリーファンからも注目されそう。

監督&キャストの意味深発言に注目! 衝撃の実話を映画化した「NY心霊捜査官」本編映像
http://youtu.be/mC5EJu7Ri30

映画『NY心霊捜査官』
公開日:2014/9/20
監督・脚本:スコット・デリクソン(『エミリー・ローズ』)
出演:エリック・バナ(『トロイ』) エドガー・ラミレス(『ゼロ・ダーク・サーティ』 
プロデューサー:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)

http://www.invocamus.jp/

公式Twitter:@invocamus0920
https://twitter.com/invocamus0920 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP