ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太陽光で作動する小型防犯カメラ「GeckoEye」が出資募集中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

防犯カメラというと、ひと昔前までは業者に取り付けてもらうのが主流で、値段も高価なものが多かった。しかし、ITなどの発達で、今や誰でも自宅にセキュリティカメラを自身で取り付け、リアルタイムで映像をチェックできるようになった。

このほど資金調達サイトIndiegogoに登場した「GeckoEye」もそうしたカメラの一つだ。特徴は、直径4.5センチの円盤と小型で、太陽光で作動すること、そしてユーザーが必要に応じて映像を録画することも可能なことだ。

GeckoEyeにはソーラーパネルがついていて、電源をとる必要がない。なので、Wi-Fiにつなげる環境であればコンセントがない屋外や車などでも使え、また屋内でも太陽光があたる窓際などに取り付けて利用できる。

使うにはまずアプリをダウンロードし、カメラをGeckoEyeのシステムにつなげる。そして録画モードやビデオの質、アラートなどを設定する。

カメラだけでなくモーションセンサーも搭載しているので、玄関先に取り付けて防犯用カメラとして使ったり、赤ちゃんモニターとして活用したりできる。ユーザーはスマートフォンで随時状況を確認したり、不信な人物などをとらえたらメールやメッセージでアラートが届いたりするように設定することもできる。

また、GeckoEyesではカメラ1台当たりクラウドストレージ50 GBも1年間無料で利用できるようになっていて、録画データの保存も可能だ。より大きいデータを利用したい場合は、買い足せる。

Indiegogoでは現在189ドルで入手でき、この種のガジェットとしてはかなりリーズナブルな価格と言えるだろう。キャンペーンは9月1日まで。

GeckoEye

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP