体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“スマホの次”への模索始まる 『au未来研究所』が2014年度活動のキックオフミーティング開催

“スマホの次”への模索始まる 『au未来研究所』が2014年度活動のキックオフミーティング開催

未来の携帯電話開発を目的として、2013年11月に開設された仮想のオープンラボラトリー『au未来研究所』。昨年は神山健治監督によるオリジナルアニメーションを制作したり、ウェブ上にバーチャル研究所を展開していましたが、8月1日から「“スマホの次”を発明する」をテーマに2014年度の活動をスタート。8月7日には、一般から募集した参加者を対象に、東京・千代田区の3331 Arts Chiyodaでキックオフミーティングが開催されました。“スマホの次”を模索する内容となった同イベントのレポートをお届けします。

ユーザーや外部パートナーと“スマホの次”を共創

共創

はじめに、KDDIコミュニケーション本部 宣伝部 担当部長の塚本陽一氏が2014年度の活動について説明しました。同社がこれまで、通信技術により“つながる”ことをテーマに技術や製品を開発してきた段階から、“つながる”が当たり前になった現在、次に作る物として“スマホの次”をテーマに設定。通信技術にとどまらず、さまざまな領域から「変革の芽」をとらえるとして、“生活者(ユーザー)”と外部パートナーとで“共創”を行うと発表しました。

オープンラボラトリーとキュレーションマガジンで構成

具体的には、ユーザーが参加するオープンラボラトリーを中心に、オンラインブレストやハッカソンを実施。これに加えて、13人の外部パートナーが未来に関するウェブニュースをピックアップし、今後作っていく物のヒントや刺激を与えていく目的のキュレーションマガジンを公開しています。

スケジュール

今後ハッカソンを定期的に実施してプロトタイプを製作、来年3月に発表するコンセプトモデルの開発へとつなげていく予定です。

水口哲也氏が「ウォンツ」をキーワードにものづくりのヒントを伝授

水口哲也氏

続いて、『Rez』『ルミネス』などのゲームデザイナーとして知られる慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究所特任教授の水口哲也氏が『Future Creation = Design Future Wants』と題して講演。人間が物を作る動機には人間の欲求(ウォンツ)があり、物の進化やイノベーションはウォンツが生み出していることを多数の事例からひもといていくことで、これから物を作るクリエーターにヒントを与える内容となりました。

視覚の拡張

まず、マーシャル・マクルーハンの『メディア論』から、「すべてのメディアは人間の感覚と身体機能の延長線上に存在する」という一説を引用し、「視覚の拡張」を例に物の進化と、それを生み出すウォンツについて解説。例えば望遠鏡はできた当初、港で海賊を回避する用途で売れた一方で、「もっと遠くを見たい」というウォンツから天体望遠鏡として独自に進化していったという事例を紹介します。これを皮切りに、シネマトグラフィと映画、衛星放送、ハッブル望遠鏡、『GoPro』、AR(拡張現実)、『ストリートビュー』、『Kinect』などなど、「視覚の拡張」の事例を列挙。進化の背景にあるウォンツをひもといていきます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。