体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“いいキス”を求める女性必見! 松田翔太からのキスに赤面必至の『キシリッシュ』スペシャルムービー

4

“キシリトール”入りガムとして発売以来、人気を博してきたミント系ガム『XYLISH (キシリッシュ)』のスペシャルムービーが公開中。「いいキスをしよう。」がキャッチコピーの『XYLISH』にちなみ、徹底的に「いいキス」の世界観を表現しています。

俳優・松田翔太さんが出演し、ハードボイルド系の男性・年下の弟系の男性・クールな男性の役柄を熱演。3通りのシチュエーションで、時にクールに、時に情熱的なキスを披露します。動画はキスされる女性側のアングルから撮影されているので、まるで松田さんにキスされるかのような気分に!

■#01ハードボイルドキス

追い詰められた不器用な男性と真っ直ぐな女性のハードボイルドな恋愛を描く『HARDBOILED KISS』編。

レザージャケット姿のワイルドな松田さんと女性が、暗い倉庫の中を奥へ奥へと逃げていきます。入り口はどうやら警察に押さえられており、「俺たちも終わりかな」「悪いことなんかするもんじゃないね」と、いよいよ追い詰められてしまった様子の2人は覚悟を決めようとしています。「悪かったな、巻き込んで」と松田さんは謝りますが、「そんなことない」と自分の選択に後悔はないことを伝える女性。そんな絶体絶命の状況で女性から、「キスして」とお願いが。

3

そうそうありはしない状況設定に「ハードボイルドキスって何それ?」と思いながら見ていたのですが、ワイルドにガムを出してキスをする、少しぶっきらぼうな松田さんがとってもいい! 絶対、おもしろ動画になっていると思っていたのに、不覚にもドキッと赤面してしまいました。ちょっと女性の台詞が甘すぎますが……。でもこんな状況になったら、甘い台詞もすらすらでてくるのかもしれません。

■#02シークレットキス

5

クローゼットの中でキスが“我慢できない”弟系の男性を熱演する松田さんが見られる『SECRET KISS』編。

パーティ会場で、松田さん演じる年下男性が突然、主賓の女性をクローゼットに連れ込みます。「年下扱いしないでください」と、ちゃんと男として見てほしいと告げる松田さん。「年下でしょ?」と飄々と切り返す女性に、「キスしてください」と女性の制止を振り切って強引にキス!

6

こちらは『HARDBOILED KISS』とは打って変わって、年下らしい甘えた表情や、ちょっと無茶でかわいげのある発言をみせる松田さんの情熱的な演技と、刺激的な環境でのキスというシチュエーションが見どころ。かわいい年下男性に強引に迫られてみたい、なんて20代後半から思ってきたりしますよね。年の差を気にする女性と「年とか関係ないでしょ」と言ってくる真っ直ぐな松田さんのやりとりが、もどかしくもキュンとする動画。

■#03ワンナイトキス

9

一夜限りの恋に本気になってしまった女性にクールに対応する松田さんが見られる『ONE NIGHT KISS』編。

タクシーの中でぎゅっと手を握り合う男女2人。スーツに身を包み、メガネを掛けた知的な雰囲気の松田さんに、「いつもこういうことしてるんでしょ?」と投げかける女性。「そんなことないよ」とそっけなく返す松田さんへ女性は好きという想いを伝えますが、それには返答なし。悲しくなり涙を流す女性に、松田さんからキスをします。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。