ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年6月の米国スマートフォンシェア、AppleとSamsungは成長、他社はシェアを下げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のネット調査会社 ComScoreは8月6日(現地時間)、米国の携帯電話利用者を対象に行った調査に基づく2014年6月の米国スマートフォンシェアを発表しました。今回もOS別ではAndroidがトップ。メーカー別ではAppleがトップでした。今回の調査で米国のスマートフォンユーザー数は前回(2014年3月末までの3ヶ月間)から4%増の1億7300万人でした。前回で70%を突破したスマートフォン率は今回71.6%にまで上昇しました。OS別では、Androidは前回から0.3ポイント下げながらも51.9%でトップをキープ。2位のiPhoneは前回から0.7ポイント上げて42.1%。3位はWindows Phone(3.4%↑)、4位はBlackBerry(2.4%↓)、5位はSyambian(0.1%↓)でした。メーカー別では、Appleが前回から0.7ポイント上げて42.1%でトップをキープ。2位はSamsungで前回から1.6ポイント上げて28.6%、3位はLG(6.4%↓)、4位はMotoorla(5.9%↓)、5位はHTC(4.8%)でした。HTCのシェアがついに5%を割りました。Source : ComScore


(juggly.cn)記事関連リンク
RSSCast : お気に入りのWEB サイトやブログのRSSフィードをChromecastに転送して大画面で閲覧できるようにする無料のAndroidアプリ
Pebble、ポップなカラーリングのPebble新色を数量限定で発売
Twitterの公式AndroidアプリがAndroid Wearをサポートしてた

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。