ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【賞金総額1000万円】全国麻雀選手権ファイナル決勝は大三元が出て大逆転劇!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

前回の準決勝に引き続き、オンライン麻雀maru-jan主催、優勝賞金500万円の全国麻雀選手権ファイナルを取材してきた。

今回決勝に残ったのはこの四名。

池田勝博さん。千葉からの参加。手役派かつ繊細な打ち筋を見せる打ち手。

斉藤将也さん。北海道からの参加。的確な読みで手を進めていく打ち手。

村畑茂さん。青森からの参加。19歳という若さと持ち前の攻撃力を武器とした打ち手。

伊井克史プロ。長崎からの参加。プロらしく常に最善手を探していく打ち手。

という、四名での決勝である。

半荘四回の総合点で争われる、優勝賞金の500万円だけでなく、二位200万円、三位100万円、四位50万円という夢のような対局だ。1位と2位で300万円も違う。。。人生で味わうことのできない緊張感のある対局だ。

参加人数を考えると、この四つの決勝の椅子の下に、それぞれ一万人の敗者がいることになる。解説のRMU所属、多井隆晴プロと最高位戦日本プロ麻雀協会所属、土田浩翔プロ、更にナレーターを務める小林未沙プロによるオープニングアクトの後、四万人の参加者の夢を乗せた対局が始まった。

一回戦、流局、流局の後に伊井プロの2900は3500の出和了から始まった。そして、途中村畑さんの積極的なリーチが功を奏し、頭ひとつ抜けるも、伊井プロがオーラスにまくってトップ。プロの力をまずは見せ付けた形になった。

二回戦、池田さんのあわや人和という局面もあったが、斉藤さんが南場で8000、18000と和了り、そのまま大トップ。

三回戦、村畑さんが安めで18000という混一を和了り、トップ。

三回戦で、ラス目の村畑さんがトップを取ったことで、なんと全四回戦を終えて、

村畑さん+28,2p

井伊プロ+4,7p

池田さん-12,8p

斉藤さん-20,1p

と、いう大接戦になってしまった。トップの加点もあるので、ほぼトップを取れば優勝という条件で並んだのだ。長い予選からの流れを思えば、最後の半荘がどれだけ白熱した半荘になるのか想像もつかない。

(勝てば500万円・・・)

各々の大きな思いを乗せて始まった四回戦だが、ここで大きな事件が起こる。

なんと!

なんと!

東一局で役満の和了が出たのだ!

大三元(8000 16000)をツモったのは斉藤さん。そのままトップを取り、優勝を決めた。

この今にもとろけそうな顔!!おめでとうございます!

劇的な結末となった第二回全国麻雀選手権。maru-janを運営するシグナルトークの栢さんも来年また大会を運営していきたいと語っていたので、来年がいまから楽しみだ。筆者も来年はmaru-janで開催される予選に参加して、この決勝の大会を目指したい。

決勝戦タイムシフトはこちら

マルジャン公式サイトは http://www.maru-jan.com/ [リンク]

カテゴリー : エンタメ タグ :
本間すなおの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP