体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonが『南武枝線』を販売停止にした件(西瓜鯨油社)

Amazonが『南武枝線』を販売停止にした件(西瓜鯨油社)

今回は牟礼鯨さんのブログ『西瓜鯨油社』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/640147をごらんください。

Amazonが『南武枝線』を販売停止にした件(西瓜鯨油社)

AmazonからKindle版『南武枝線*1』についてのお知らせメールが来ていた。この本を販売停止にしているという。『南武枝線』は7月15日につんどく速報*2で取り上げてもらって以降、売上げがのびていた電子書籍商品であった。メールの内容は以下の通りである。

*1:「南武枝線 [Kindle版]」 牟礼鯨 (著) 『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BISD528/

*2:「痴漢という言葉からは恋の芽生えしか想像できない。小説『南武枝線』牟礼鯨(著)」 2014年07月15日 『つんどく速報』
http://bookdi.gger.jp/archives/39827525.html

Amazonが『南武枝線』を販売停止にした件(西瓜鯨油社)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/08/2.jpg

Amazon KDPをご利用いただき、ありがとうございます。
今回お知らせを差し上げたのは、読者からお客様の本に問題があると報告を受けたためです。
この問題は、弊社の販売基準に関わるため、お客様の本を一時的に販売停止とさせていただきました。
◇ テキストが欠落しているようです。問題箇所を以下に示します:
位置No.582 「・・・知恵が戻ってきたのだと僕は振り返り」の後
Kindle本の品質については、「Kindleコンテンツ・クオリティのガイド」(https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=200952510) をご参照ください。
コンテンツの修正が終了したら、修正後のコンテンツをKDP本棚の「本のアップロード」セクションからアップロードした後、「保存して出版」をクリックして本を再提出してください。
問題の修正が確認できましたら、本の販売を再開いたします。
その他、ご不明な点がある場合はこのメールに直接ご返信ください。
コンテンツの修正に関するご質問につきましては、お困りの点を具体的にメールに記載いただきますようお願い致します。

なるほど、本当に販売停止されていた。

Amazonが『南武枝線』を販売停止にした件(西瓜鯨油社)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/08/31.jpg

該当する「Kindleコンテンツ・クオリティのガイド」の文言はこれだろう。

コンテンツの欠落
コンテンツの欠落の問題とは、本に存在するはずの内容の一部が誤って削除されていたり、本に存在しない内容への参照が含まれていたりすることを指します。
深刻な問題
?長い語句のテキストが欠落している
「Kindleコンテンツ・クオリティのガイド*3」より

*3:「Kindleコンテンツ・クォリティのガイド」 『Kindle ダイレクト・パブリッシング』
https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=200952510

「・・・知恵が戻ってきたのだと僕は振り返り」の後のテキストの欠落については書籍版を見ればわかるように意図的な空白である。この頁をめくると見開きの空白があり、その前後での名称の違いなどからその空白が単なる欠落ではないことが読み取れるようになっている。初版も他者の校閲を経た第二版もそうなっている。

1 2次のページ
生活・趣味
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy