体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女装ニコニコ生主”百花繚乱”が教える“男の娘”メイク【二重編】

メイクについて

こんにちは。『ニコニコ生放送』というサービスで、女装の生放送をしている百花繚乱です。今日は男である僕が考える“女装用のメイク”の中でも重要な要素のひとつ、“二重まぶた”の作り方について説明してみたいと思います。
全ての写真をごらんになるにはこちら

いつの時代も女性は(そして一部の男性も)美への探求心が尽きることはありません。でも、”美しい”と一言で言うのは簡単ですが「どの辺りに注意したら良いのか」となるとなかなか難しいところです。

実は”美しい”と人間の脳が感知しやすい条件のひとつに大きな目というのがあるそうです。メイク慣れしている女性の方は既にご存知かもしれません。「目は口ほどにものを言う」という言葉の通り、最近の若い女性のメイクやプリクラ機などを見ても目を強調しているのがわかるかと思います。

目を大きく見せるために世の女性は“カラーコンタクトを入れる”“影を強調する”“まつ毛を伸ばす”など様々な努力をしているのです。しかし目を大きく見せるにあたって“一重まぶた”“奥二重まぶた”という日本人に多く見られる特徴は、実は大きなハードルのひとつ。今回はこのハードルを克服し“パッチリ二重”になるアイデアグッズの数々を、女装経験者の僕が紹介しようと思います。

死んだ魚の目

– アイビューティーフィクサーNL
まずは一般的に多く認知されている”のり”でまぶたを接着し持ち上げて二重にするタイプのものを使ってみましょう。今回使用させていただいたのがアストレアヴィルゴから発売されている『アイビューティーフィクサーNL』。この商品は一般的によく知られる「接着液でまぶたを貼り合わせて二重を作る方法」と、「接着液を重ね塗りすることでまぶたの上に被膜を作り二重まぶたを形成する方法」の二種類が同時に行える優れものなのです。

フィクサーNL

まずはまぶたを接着する方法を試してみましょう。まず、まぶたの上に接着液を塗り半透明の状態になるまで待ちます。そのあとスティック状の器具“プッシャー”を使ってまぶたを押し上げます。接着液の乾燥までに待ち時間を感じることなく、スムーズにまぶたを押し上げる作業に移行できました。さらに接着力も申し分なく、ストレスなくまぶたの接着に成功しました。これはこの商品の特色でもある“被膜を作り二重まぶたを形成する方法”のために接着液が乾きやすく設計されているように感じました。結果、短時間で二重まぶたの形成をすることができました!いい感じです。かなりスピーディーに仕上げられましたので、日ごろ時間に追われることが多い人におすすめできそうです。

次に被膜を作りまぶたを形成する方法を行ってみました。この方法は接着液を塗り重ねるという方法を用いるため多少時間がかかってしまう場合がありますが、その時間をかける価値のある自然な仕上がりの二重まぶたを作りあげることができます。また、自然なのは見た目だけでなく、仕上げた後の感覚同様です。接着法特有の引きつっている感じがないため、まぶたに対する負担も少なく自然に感じられました。さらにはまぶた上の接着面で皮膚が隠れる部分がないのでメイクをしやすいというメリットもあります。

オレンジで作った目皮膜
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会